bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



神奈川県相模原市の事件
しばらく書かなかったのですが、神奈川県で、大規模知的障碍者施設の元職員が、入居者を50人近く殺傷するという、痛ましい事件がありました。やまゆり園殺人事件

最初に書くと、障碍者が嫌いだ というのは、これは個人の感性ですから、仕方ありません。
知的障碍者と精神障碍者の区別がつかない人もたくさんいますし、事件が起こると、みんな障碍者だと決めつける人も多くいます。障碍者自身が大量殺人などの計画・実行は不能です。犯罪者と障碍者を混同している人は、世間には山のようにいます。

不思議なのは、そんなに障碍者が嫌いなら、障碍者施設で働かなければよいのです。
なんで、嫌いなのに働いたのだろうか。
働いてから嫌いになったから、退職したんですかね。

許せないのは、違法薬物に手を出していて、それによって、障碍者に対する悪意が増悪されて、今回の事件に至ったと思われることです。

山間部の大規模障碍者施設 というのは、ほめられたものではありませんが、現実に歴然とあります。
私も初期のころ、ほんの1年ほどですが、大規模障碍者施設で、山間部でバス停まで30分以上歩かねばならないところに勤務したことがあります。

また、障碍者に変換されてる…
まあ、いいや。障害者ですよ。
ミス変換です。

旧措置からある山間部の大規模障碍者施設では、本当は軽度の方などは、地域に帰るはずでした。
でも、地域に受皿を作れず、内部を小さくホーム化して、そのまま旧措置から入居している方は、既得権で、入居し続ける事が出来るようになっています。

長年大規模施設に入居していると、社会に出ずに、施設内でなんでも用事が足りてしまい、社会に出ることが難しい・不能になってしまうからです。

今、この事件を見て、ひどいよね、かわいそうだよね、と言っている方、社会の健常者の方ですが、いざ、自分が地域に住んで頑張っている知的障碍者を見たら、たいてい、精神障碍者と間違えます。知的障碍者とわかっても、まあ、近づきません。
精神障碍者と間違われる知的障碍者の方は、自閉症などの発達障害と知的障害を合わせて患ってしまった方たちです。

一人で、ぶつぶつ独り言を言ったり、一定の場所で一定の奇妙な動作をしたり、という特徴のある方がいます。

先日、私が、うろんな人物を見た と書いた方も、障害は中度ですが、知的障害を併せ持つ自閉症の方でした。

精神障碍者はどうか と言うと、これも、大量殺人を計画して、実行に移すような計画力や実行力がありません。
風邪でもインフルエンザでもいいですが、真っ最中に大量殺人犯しますか?おかせないでしょう?病気だから。
精神障碍者も同じです。病気があるので、それが治らない程度まで重いので、精神障碍者手帳が出ているのです。犯罪なんか、犯せる気力と計画力がないんです。

じゃあ、凄惨な事件が起こるのはなぜか。
その犯人の性格の著しい偏りでしょうね。
それも、精神疾患ではあるのですが、病院に行っていなくて、治療もしていなくて、という犯人もいるでしょうし、今回の犯人のように、違法薬物摂取などをしていて、偏った考え方が増悪された犯人もいると思います。

偏った考え方の犯人は、必ずしも精神疾患ではありません。
精神疾患とは関係ない、個人の考えの著しい偏りは実在します。

でも、精神鑑定されて、精神病院にちょっと入院させて終わり みたいなことも実際起こりますから、精神疾患ではない著しい偏った考えの犯人は、再び、犯罪を繰り返したりするのです。

知的障碍者の犯罪で興味深い統計があります。
単純な盗み、ただ食い、万引きなどで繰り返し刑務所を出たり入ったりしている軽犯罪者には、明らかに知的障碍者の軽度の人が多くいます。知能指数測るとわかるそうです。

支援を受けることを知らず、手帳が取れることも知らず、でも、食べないと死んでしまうので、やむなく野宿生活をしたり、食べ物を万引きしたりと言う事になってしまう軽度知的障碍者が膨大な数います。
刑務所では、障害に配慮した更生教育は行われませんし、出所したら、支援に結び付くようなシステムもありません。


障害者は犯罪者になっても、合理的配慮を十分に受けられないのです。

そんなことを思うとき、障碍者は嫌いだから、殺してしまおう などと実行する犯人がいたことは実に許せません。
重い刑罰を受けるべきだろうと思います。

障碍者の置かれた状況は、支援が入らない、一般の人に理解されない と余り良い状態ではありません。

現場に入った消防隊員が、障害のために返事がないのか、命に関わるような状態なので、返事がないのか、まったく理解できなかった と言います。消防隊員も警察官もわからないでしょう。

でも、障碍者も事件に巻き込まれることがあります。救急車に乗ることがあります。
少しは勉強してくれないと、健常者の支援しかできないことになります。
簡単な特徴程度で良いので、カリキュラムに入れてほしいと思います。

家内も精神障碍者。外で急に精神発作が来て、救急車呼ばれたことが何回あるか。
見た目、心臓の発作みたいに見えるのですが、実は精神発作なので、その場である程度の時間、静かに横になっていれば、戻ります。

救急車で遠くの病院に運ばれても、発作は収まってしまうし、自力で帰宅しなければなりません。
必死で救急車を断るので、私の連絡先を書いた、ヘルプカードを見せて、(見せるのも必死)私に連絡があり、大丈夫ですから、自宅に送ってやってください なんてことも何回かありました。自宅の横の公園で良くなるのです。年に1回くらいかな?そのたびに救急車を呼んでくださる親切な方があります。そのたびに私、すぐそばが自宅ですから、送ってやってください と言わねばなりません。

救急隊の方、本当に大丈夫ですか、となかなか信用してくれません。
大丈夫です!みたいなことを言わねばならぬ私も結構面倒です。
本人は救急車に乗りたくない一心でもう必死ですから、火事場の馬鹿力で、必死にヘルプカードを出しています。

障害者と犯罪者。

明らかに全然全く違います。
理解がなかなか進まないのは、元障害者の介護屋としては、いつも大変もどかしいです。


事件に戻りますが、比較的障害の軽い入居者さんが、職員が拘束されている結束バンドを切ったそうで。
この方には何か表彰をしてあげてほしいと思います。この方が、結束バンドを切らなければ、事態はもっと深刻になっていたはずです。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック