bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



雨の降る傘
持っていくと、雨が降りだす不思議な傘、ではありません。

雨だから傘をさすと、傘から雨漏りがして、傘の中にいても、雨がザンザン降ってくる、と言う、困った傘です。

梅雨がまだ明けません。ゲリラ豪雨が降りますね。時々。

昨夕、ゲリラ豪雨の中、帰宅しました。

新品の16本骨の普通の傘を持参していたので、さしました。

何かおかしい、と思ったら、風に流れて雨が身体や顔にかかるのではなくて、傘を通り越して、傘の中に豪雨が降っているんです。

勿論、頭から上着のシャツからびしょ濡れ。足は歩きますから、ウェスト迄びしょ濡れ。全身ずぶ濡れで、バスがくる迄、バス停で待っていました。

バスの中は空いていたのですが、頭からバケツで水を被った様にびしょ濡れなので、座る訳にもいかず、往生しました。

我が家の玄関も水だらけになりまして、濡れた全身の衣類と中身を慌てて出したカバンを家内に洗濯機に放り込んで貰い、ついでにスニーカーも突っ込んで、洗濯して貰いました。

そのまま風呂に直行です。
さしていて、その傘の中で雨が降ったら、傘じゃないでしょ。


値段は1300円+消費税。
家内にインターネット販売で買って貰いました。

私は小さいので、普通の紳士傘は長すぎます。普通は70センチです。大型だと、75センチもあります。

私は65センチの傘を使います。なかなか店頭に紳士傘では65センチがありません。60センチは完全に女性用。65センチは兼用と言うのか、中途半端なのか、そこらの店頭ではなかなか見つからないので、インターネット販売で家内に頼んだのでありました。

雨が降る傘は困ります。


小雨専用に使うか、返品するかして、傘店で探してみようと思います。

家内の方が背が高いんですがね。普通の女性用の傘を使っていますよ。


しかし、あれだけ全身ずぶ濡れだと、バスに乗るのに気が引けました。でもずぶ濡れで家迄歩くには、自宅と職場は遠すぎます。

私の体力では、天気が良くても歩けない。まして、どしゃ降りじゃね。


ゲリラ豪雨ですから、自宅に着いて、風呂に直行した頃には止みました。

私はいわゆる雨男。何故か私が外を歩くと雨が降ります。自宅や駅や建物の中に入ると、どういう訳か止むんです。

何故でしょうね。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック