bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



選挙ですね
公職選挙法は全国一律だと思うので。

私たち夫婦は先週、期日前投票で済ませてきました。
なぜ、期日前にするかと言うと、家内がざわざわした投票所に耐えられないことと、投票所には車が入れず、家内も私も歩くことが非常に大変だから です。

家内は時々御厄介になるのですが、投票所にはいろいろな係り員の方がいますよね?
障害があったり、文字が書けない、目が見えない、様々な理由で一人では投票できない人があります。
投票所で申し出てください。
介助の係員が二人付きます。

入口までタクシーでたどり着けば、投票所まで車いすも押してくれます。
握力がなくて文字が書けない方、口頭でも、指さしでも、係り員の方が代筆してくれます。

家内がお世話になるのは、体調すこぶる不調な時に、期日前投票に行かねば間に合わない時です。
ふらふらですから、入口までは私が支えますけれど、投票所の中は私が支える事が出来ないので、係り員の方に支えてもらうんです。まあ、選挙管理委員会の方ですから、介助は下手ですけれど、投票するだけですからね。

知的障害者の方のグループホームの世話人をしていたころは、夕方、2時間、お散歩の時間がどの利用者さんにも週に1度つくので、要するにガイドヘルプがつくので、その時間にヘルパーさんと一緒に投票に行ってもらっていました。

勿論、文字の書ける方ばかりじゃない。文字の書けたのは2人かな?あとの2人は文字を認識しませんでした。
文字の書ける方1人は、家族と投票に行ってしまうので、こちらがヘルパー付きで支援することはできませんでした。
1人の文字を認識しない方は、ご家族様が住民票をホームに移していなかったので、ホームに投票券が来ず、選挙にはいかせても仕方ない というお考えだったので、駄目でした。

文字を認識できる1人の方は、候補者の名前を書くと言う事が理解できませんでした。
文字を認識しないもう一人の方も、自分で書くことはできません。

この2人の方は、指さしでお願いします とヘルパーさんに口添えしてもらって、指さした候補者の名前を係り員の方が代筆するという形で投票していました。

初めて、文字を認識しない方が、ご家族と投票に行ったとき、どこを指さしたのかわかりませんけれど、とにかくどこかを指さして、投票箱には自分で入れて、意気揚々と出口から帰ってこられたそうで、お母さんが「投票できるなんて思わなかった。」と感激しておられたのを覚えています。

知的障碍者の重度の方の投票が、大勢に影響するとは思いません。じゃあ、投票しなくてよいのかと言えば、投票するべきだと思います。

そんなときに、障碍者団体が昔から交渉していることで、実現しないことがあるのです。
投票所の名前の上に顔写真を貼ってほしい です。
知的障碍者の方、人を見抜く力に長けています。写真があれば、感性で自分の思う候補に入れられます。
文字だけですと、文字を認識できる人で、選挙公報が読める人でないと厳密には投票できないことになります。

とはいえ、どんな形であっても、選挙は国民の義務であると同時に権利です。

投票所に行く事が出来る知的障碍者の方はまだ良いのですが、(でも、どうせわからない と投票させていない例が多いかな)在宅で、入院中で、入所中で規模が小さくて、投票所に行けないのに、投票ができない方が、高齢者の方にはたくさんいます。まひのある身体障碍者の方などでも難しい場合があります。

投票所には介助員がいて、一人の要介助者に対して、2人の介助員がつくと言う事をもっと広く知らしめてほしいと思います。投票所の入り口に段差があるだけで、エレベーターで昇らねばならぬだけで、投票をあきらめている人がたくさんいます。

半面、投票率は下がる一方で、政治がおかしな方向に行っています。

私自身は政治には興味がありません。
家内は、政治的な活動に熱心です。
家内の熱心は、インターネット上のもので、又は、郵便での署名などの家から出なくて済むものばかりですが、この選挙では、もうYOU TUBEの政治放送がいつ部屋に行っても鳴りっぱなし。

良いことです。
私は迷惑ですが、家内が政治に熱心なことは私は歓迎します。

そういう私は実はある政党の支持者です。党員になったりはしないのですが、若いころ、ある教員の先生に面白いことを言われて、以来、ずっとその政党の候補者に投票しています。受かった試しがないんだけど。

家内が推している候補者は政治放送流れっぱなしなので、わかりました。
私は家内にも自分がどこの政党を支持しているか、教えませんので、我が家は投票率100%ですが、同じ候補者にはたぶん入れたことがないですね。

期日前投票の比較的すいている平日に行っても、障碍者二人、かなり疲れます。
色々な障害のある方、病気のある方、入院、入所していて、投票券は来るけれど、その施設内に投票所が来ない方、みんなあきらめているのです。

投票に行ける健康のある方、どうせ何も変わらない とか言わないで、自分の思う候補者に投票して来てください。

夜20時まで受け付けていたと思います。まだまだ時間は十分あります。用事もありましょうが、入れたい候補がいなければ、白票でかまいませんので、貴重な1票、無駄にしないでくださいね。


見直したら、変換候補のミスで、障害者 と書きたいところが、全部障碍者になっていました。
私は障碍者という言葉が大嫌いなので、直したいのですが、ちょっと今日は寝込んでいて、直す元気がないので、障碍者は障害者と読み替えてくださいませ。




スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック