bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



ある利用者さんの話
うちは株式会社ですから、本当はお客様と呼ぶのですけれど。

2~3か月前に、1年間一歩もうちを出ておらず、うちの中では、決まった椅子に一日中腰かけているだけ、風呂も入らないし、整容もしないし、歯磨きもしないし、当然医者も行かない、という利用者さんが見えるようになりました。認知症は無くて、頑固なだけと言う事でした。

最初はどうなるか、と思いましたけれど、とにかく人が好きな方で、通所をとても楽しみにしてくださるようになりました。

風呂はなかなかうまくいかず、半ば強制的に脱いでもらって、風呂場へ と言う事が多かったのですが、入ればさっきまで抵抗されていたのがうそのように、「ああ、気持ちが良いなぁ」と毎回笑顔で出てきます。

実は認知症がかなり進んでおられる方でしたが、日常生活にはある程度底力が残っていて、その場のやり取りなどは、普通にできましたし、奇妙なことを言う事も少ないほうでした。

認知症は認知症で、着替えの衣服をきれいなものをヘルパーさんが用意してくるのですが、今まで自分が着ていたと思える状態でないと、前のを出せとは言わないのですけれど、不穏になり、脱ぎたがってしまうと言う事がありまして、わざわざ脱ぎ捨てたもののように、きれいな着替えの衣服をぐちゃぐちゃに置いておく、と言う工夫は必要でした。そうすると脱ぎたがらないのです。

偉そうな事を言ってみます。

認知症の方って、今、一瞬、一瞬を生きておられます。忘れてしまうので、何が何だかわからなくなり、徘徊になったり、不穏になったり、せん妄が出たりします。

この方の風呂に入らない も、現状が変わることへの不安じゃないか という気がしました。
着替えがぐちゃぐちゃだと安心して着て下さるのは、現状が変えられていないという安心だったのかもしれないと思います。

先週の土曜日の話です。

救急搬送されたそうです。
で、入院になったのですが、ご本人が頑強に検査拒否して、そのまま強制的に退院させられてきたそうです。

その時のメモでは、簡易検査はできて、胃がん、貧血、肝臓の疑いがある とのことで、しばらくディサービスは休みますと言う事でした。


その次のメモには「末期の胃がんなので、利用は中止します。訪問診療を使って自宅で静養しますとありました。




私ね、考えちゃうんです。末期の胃がんで訪問診療を使うと言う事は、積極的な治療をしない と言う事でしょう。それはご本人、ご家族の考えですから、尊重します。

でも、認知症なんです。まだ、動けるのですよ。多分、痛み止め中心の治療をするのだろうと思うので、動けるうちはあんなに楽しみにしていたディサービスに通所させてあげてほしいと思うのです。

ご家族は息子さんがいますが、同居していません。お仕事もあります。毎日入るのは、ヘルパーさんだけです。
週に2回くらい訪問診療が入るのかな、回数まではわかりませんけれど。


痛みなく動けるなら、今、自宅で静養されているかどうか、わかりません。具合が悪くて寝ていることが多いとありましたから、そうなのかもしれないけれど、訪問診療が入るのは、生命の保証ではなくて、尊厳の尊重のためでしょう。

動けるようにも、食べられるようにも、寝込まないで済むようにも出来る可能性があるんじゃないか。


そう思うとね。遅かれ早かれ亡くなられる方だとしても、前の日まで元気にディサービスで楽しくやっていたね という、お葬式にしてあげたい と強く思います。

思っても、決定するのは、ご家族とまあ、居宅のケアマネージャーなので、こちらからどうこう言うべきものではないらしく。誰か、先輩に聞いてみようかな とちょっと思っているのですが、たぶん、当方から、尊厳のために動ける限りは楽しくディサービスで過ごしてください、通所してくれないと困りますって訳にはいかないですね。


時遅く、救急搬送された時点で、もう動けない、痛みも取れない、寝込むしかない、というときが来られたかも知れません。

そのあたりはプライバシーなので、聞いてよいことではないし、もう利用者さんではないのだし。


介護屋は、障害者の方向けの介護屋も、高齢者の方向けの介護屋も、いつも利用者の方の命と向かい合っています。
死にも慣れています。職業上慣れなければやっていけません。

その死を考えたとき、その方の最後に何をしてあげられるか、これって、介護屋の永遠の課題だと思います。

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック