bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



本日は耳鼻咽喉科
私の一番の病気は、心臓病ですが、何十年も悩まされているのが、花粉症です。

スギ、ヒノキ、ブタクサ、イネ、カナムグラ、カリガヤ、あとなんでしたっけ?7種類の花粉にアレルギーがあります。一年中アレルギー薬を飲んでいます。

薬をちゃんと飲んで、マスクをしていれば、症状は出ません。同じ薬で何十年も耐性も出ずに平和に花粉症と共存してきました。

ところが。飲んでいた薬の1つが、厚生労働省の検査?で、薬効がないと判断されたとかで、その種類の薬が全部店頭からなくなってしまいました。代わりの薬を処方してもらいたくて、評判の内科に行きましたら、花粉症の専門は耳鼻咽喉科です、と言われ、で、耳鼻咽喉科に通院しているのです。

それは良いのですが、最新の先生で、減感作療法を強引に勧めてこられて困っています。
減感作療法はスギにしか効きません。その他のシーズンは薬を飲まねばならないのです。
スギも薬で抑えられているので、不便は感じていません。
その辺を分かってもらえず苦労しています。

レーザーで鼻の粘膜を焼くと、どんな花粉やハウスダストにも反応しなくなります。
そっちのほうが興味があります。だって、薬飲まないで良いもの。

それにはネックがあって、私は心臓に人工弁を入れていますから、ワーファリンを常用しています。
出血が止まらなくなってしまうので、ワーファリンを数日間ストップしないと、施術が出来ません。
ワーファリンをストップすると言う事は、いつ、血栓ができて血管が詰まってもおかしくない状態になるので、3日くらい平気、というわけにはいかんのです。

出来るとしたら、4日前から入院して、ワーファリンはやめて、ヘパリンを24時間点滴しながら、4日目に施術、のコースになりますが、今度は、感染症に注意してもらわないといけない。抗生物質をどう使ったら、良いか、そもそも人工弁の患者がレーザー治療ができるのか、循環器の主治医が調べてくれています。

それはそれなんですけれど、どうしても減感作療法を勧めるつもりの耳鼻咽喉科の医師は、1週間分しか、足りない薬の代わりを出してくれませんでした。また、来週の火曜日に行かなくちゃいけません。

減感作療法って、3年~5年かかるのですが、その間、毎月1度は通院が必要です。それじゃなくても、今でも休みは通院でつぶれます。これ以上、定期的な通院を増やしたくないです。

昔の医師は、患者の要望をちゃんと聞いてくれたと思うのですが、今どきの若い医師は良かれと思うと、患者の意思はそっちのけが多くて、押しの強い医師が多くて困ります。

かかりつけにしようと2年弱頑張って通った医師もプライドが高く患者の要望を聞いてくれない医師でした。
もう行かないから、良いのですが、紹介状で移れないので、これからかかりつけにしようと思っている内科の医師に、かかりつけになってもらうまでも、かなり時間がかかるでしょうね。


やりたくないです。減感作療法。でも、医師は強引に進めると思います。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック