bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



又、病院です
今日は内分泌。

先週、困った事がありました。花粉症に使っていた消炎剤が、製造中止になってしまったんです。同じ系統の薬全部で、その薬は使えなくなってしまって。

薬局の方が、漢方薬なら、常用出来る消炎剤がある、と、医師と交渉してくれたのですが、医師はカットで良いの一点張り。


そのお医者さんは、以前から使いにくいお医者さんだったので、もう行くのを止めました。

近所で評判のお医者さんに切り替えて相談してみると、花粉症は耳鼻咽喉科の方が専門だそうで、耳鼻咽喉科を紹介して貰いました。
土曜日に行ったのですが、その耳鼻咽喉科も評判らしく、4時間待ちました。平日は少し空いているそうです。

で、今、考えているんです。

少量のアレルゲンを長期に渡って摂取して、反応させなくする療法がありますね。昔は注射だけで、頻繁にクリニックに通わないといけませんでしたが、今は飲み薬があるそうです。

それを薦められて、血液検査をしてくれました。

保険適応ですが、スギとハウスダストしかないそうです。

私の花粉症は通年で、様々な花粉に敏感に反応します。スギだけ反応しなくなっても意味がないです。

私は飲み薬で治まるので、廃止になった薬の代わりの消炎剤を処方して貰う方が助かります。

月末に耳鼻咽喉科には又行くので、スギとハウスダストだけ反応しなくなっても、他があるから困る、と言ってみようと思ってます。
だって。成功して免疫力がついたとして。つく迄には5年くらい毎月通院しなくちゃいけない。

これ以上、通院先を増やしたくないです。

困ったなあ。
どうしようかなあ。

通院性と言う事は、真夏でも服薬、マスクが必須と言う事です。

職場はマスク禁止だとかで、証明書持っていきましたが、色好い返事は貰えませんでした。

誰が好きで真夏にマスク掛けますか?本人が一番息苦しいんですよ。

ま。偉いさんは他人事だからね。仕方ないです。

全部の花粉に効くなら、その療法、喜んでやるんだけど。全部には効かないそうです。スギとハウスダストだけ。


うーん。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック