bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



熊本大分大地震が消えています
私は精神的症状でテレビを見る事が出来ませんので、専らインターネットで見るのですが、熊本大分大地震のニュースはさっぱりありません。

もうおしまいですか?
終息したの?

そんな訳はないので、テレビが見たいなあ、と思いますが、どうしても症状悪化しちゃうので、見られない。

インターネットのニュースは流れが早すぎて、掴まえ切れません。

やっと掴まえたニュースには、介護職員130名と農業ボランティア1000名が足りない、とありました。

またゴールデンウィークを利用して、山の様なボランティアさんが殺到していて、一度に山ほど来なくて良いから、定期的に存続して来て欲しい、と言う、受け入れ側の方の悲鳴もありました。

ゴールデンウィークで災害復旧が終わる訳ではないので、受け入れ側の悲鳴はもっともだと思います。


介護職員が足りないのは、システム作って、既存の介護施設等からボランティアを出すしかないでしょう。
往復の交通費は、施設持ちで精算。賃金は出した施設が支払う、いわば出向みたいな形でないと、個人が休みを取って、手弁当では出来ません。

農業ボランティアさんはもっと大変です。給与が出る元がありません。農家の方が農業ボランティアに出たら、自分の畑は誰もやる人がおらず、収入が途絶えてしまいます。

こういうボランティアには、近場である程度のスパンで繰り返し行ける方が必要ですが、果たして、どんな方なら行けるのか。

医療依存の高い患者さん、いわゆる障害者は孤立している筈です。在宅医療で命を繋いでいる患者さんに医療材料が入りません。障害者施設では、1人では暮らせない人達が介護職員のサポートで暮らしていますが、高齢者施設と違い、規模と数が少ない為に、いつの災害でも、支援はさっぱり入らず、現場職員さんが不眠不休で凌いでいます。



ゴールデンウィークに、有り余るほどのボランティアさんが一回だけボランティアに行って、満足して終わり、では、復旧は進みません。

東北も今でも定期的なボランティアが必要で、心ある人達が細々ながら、でも絶える事なく、支援を続けているのが現実なのです。

私は自分が重い身体障害者ですから、ボランティアには行けません。

行けないヤツが四の五の言っても役に立たないでしょうけれども、連休初日に職場でテレビニュースを少し見て(仕事中は時計もテレビも大丈夫です。プライベートではダメ)殺到するボランティア希望者の列を見て、何とかならないのかな、と思いました。

受け入れ体制整っている訳がないし、どこでどれだけ必要か、把握も終わっていない状態なんですから。

警察官、消防士、自衛官、消防団、地元青年会などが、個別のニーズに必死に応えているでしょう。

今出来る事は何か、冷静に考えたいものだと思います。


皆さまはどう思いますか?
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック