bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



ボランティアには行かない
まず参考資料です。熊本地震、今、出来る事

熊本県で未曾有の地震がありました。精神的な症状で、説明は省きますが、テレビを見る事が出来ない私は、かなりずれた時間に随分遅くなってから、情報を知りました。

熊本県には友人もいます。

ボランティアに行きたい、支援物質を送りたい、と言う問い合わせが大混乱の各自治体に殺到している様子です。

そんな時、興味深いインターネットの記事を読みました。東日本大震災のあとに書かれた記者さんの記事とインターネット上の本です。

正しいボランティア、正しい支援物質の在り方が分かりやすく書かれていました。

大混乱の時に何の支度も無しに、とにかく現地に行くだけ行っても、迷惑を掛けるだけで、ボランティアにはなりません。

ボランティアの定義を私に語らせると、非常に長くなるので、なるべく簡潔に述べますが、ボランティアは善意の押し売りや自己満足ではないのです。

現地で求められる事を、自分の事は自分で始末出来る状態でやれるのでなければ、ボランティアではありません。

私が今回の大地震だけでなく、いわゆるボランティアに行かないには訳があります。自分の始末が自分で出来ないからです。

東日本大震災は5年前でした。当時勤務していた法人では、ボランティアを出しました。行政からのレール敷きが下手くそだったので、民間のレールに乗って、団体の一員として、ボランティアを出しました。

私の住む地方自治体では、チーム○○、と言うシステムを作り、独自にかなり長い間ボランティアを出していました。

私は身体障害者です。東日本大震災の時は、障害者になって一年目、とても自分の始末が自分で出来る状態ではありませんでした。

それは今も同じです。


もし、自分が身体障害者でなかったら、と考える事があります。やっぱり行かないと思います。

何回か書いているので、又か、と思う方もあるか、と思いますが。

私見ですが、阪神淡路大震災の時、国はボランティアと言う美名の下に、無料で働かせる事が出来る災害時労働者を使う事を覚えました。

行政がボランティアを無料で使う前提で災害時支援をされたのでは困ります。

ボランティアの私なりの定義を述べると又長いので止めますけれど、ボランティアには自己完結が求められる反面、責任を問われないと言う面があるのですね。

福祉、介護、と、ボランティアは密接な関係にある、と思われがちですが。

私は私の専門性は、給与が発生するから使います。ただで安売りはしません。又、ボランティアに行ったとしても、専門性を使い、責任を負わされる様な事はやらないでしょう。

ボランティアには負える責任の限界があるから、ですね。

だから、責任取れない事をやっちゃいけないんです。まず、自己完結出来る事が大前提です。


支援物質を送ろうと言う方もおられると思います。インターネット上の記事で、東日本大震災のあとに書かれた記者さんのものから引用しますが、断捨利はダメですよ。

家庭の中の不要品を整理して、ついでに、支援物質を選び、子供服、女性服、男性服全部まとめて、現地自治体に直接送る、ダメです。ダメ。

現地自治体は仕分け迄やりきれませんから、個人からの直接の支援物質は受け付けていません。別に窓口を設けます。それが立ち上がるのは、熊本県の大震災ではまだ時間が掛かります。
必要な物、充足している物の区別と欲しいと言う発信が出来る様になるには、ある程度現地が落ち着く必要があるのです。

我が家を省みます。現地で当座必要になる様な物の新品はありません。支援するつもりなら、必要な物がはっきり公表されてから、新品を買って支援するしかないです。

非課税家庭の我が家には、新品を買って支援する余裕はないのです。


消費税が上がった時、障害者で非課税家庭の我が家は給付金の対象になり、僅かですが、給付金を頂きました。実に助かりました。

そんな家庭が、家庭の不要品を整理して、ついでに、支援物質を選び、着古した物を送ったりしては、いかんのです。


私は募金が一番役に立つと考えています。お金なら必要な物を現地の被災者の方が自由に買えます。

まともなところを選んで、募金して頂ければ、と思います。コンビニエンスストアに募金箱が出ていますが、あれはコンビニエンスストア本社でまとめるので、まともです。買い物したら、釣り銭の硬貨を何枚か入れるで充分だと思います。
募金は広く浅くで充分効果のあるものです。日本の総人口の数を考えてみて下さい。1人が十円寄付すると幾らになりますか。

大きな金額の募金は、それなりに資金力のある方々に任せれば良いと思うのです。

日本赤十字、共同募金会、各放送局、各自治体等、まともな募金先は沢山あります。千円一回でも構いません。コンビニエンスストアの募金箱に硬貨を何枚か入れるで充分です。

避難生活は長引くでしょう。普通の生活に戻っても、復興するには長い時間が掛かります。東日本大震災だって、今でもボランティアが必要ですし、義援金が必要なんです。
でも、東北はもう終わり、と、私も含めて、ついつい思いがちではありませんか。

熊本県の大震災への支援はこれから公算が出るところです。今慌てて、何か自己満足の出来る行動を取るべきではないでしょう。

これからボランティアに行かれる予定の方、どうか健康に気をつけて。支援物質を送られる方、必要な物を確かめて、どうか新品を送って下さい。数は少なくても構いませんので、現地で仕分けコストが掛からない様に、仕分けして送って下さい。

コンビニエンスストアの募金箱に硬貨を何枚か入れませんか。


いつ、自分の住む場所が被災地になるか判りません。私の住む地域にも、お決まりですが、ある程度の規模のある活断層が走っています。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック