bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



これから職安です
来月末で今の職場の契約が切れて、更新してくれない事になりましたから、仕事探しをしなくちゃいけません。

仕事探しは職安と決めています。インターネットでも様々なサイトで紹介していますね。便利なものだと思うのですが、アナログ世代の私はついていけません。やっぱり職安なんですな。
どんな仕事を探そうか、なのですが、介護屋はどうしようか、悩んでいます。障害があるから、です。今回の様に、パートだと何かあった時に、真っ先に切られてしまうので。

他の仕事でも同じと言えば同じですが、介護のパートだと、職場が求めるだけの量の仕事がこなせません。こなせるだけの仕事量だと、生活が出来なかったり、何かあった時に、真っ先に切られてしまったりする様子なのです。

実は同じ様な事情で、精神病院の仕事もダメになった経緯がありました。障害があり、融通が効かない事と、私が得意とする介護の仕事の現場は、圧倒的に女性が多い職場だと言う事もあると思います。浮きますよねぇ。私、管理職じゃありません。現場職員です。女性ばかりの職場で、馴染み切れない点があるのは、否めない。



障害を持つ前は、職場が求めるだけの仕事量をこなせたので、特段困る事はありませんでした。男性が多い障害者の方向けの仕事が出来ました。

自分が重度の身体障害者になりますと、端から段取りが狂ってしまいます。

仕事は何でも構わないと思っています。私を必要として貰える仕事が見つかる様に探しましょう。

障害者は雇用保険を半年掛けていれば、退職理由を問わず、一年間失業保険が支給されます。なかなか仕事が見つからないから、らしいです。困った時は有り難く利用させて貰うつもりですが、失業保険では生活は成り立たないのも事実。


派遣さんもありますが、余りそそらないんですよね。

仕事が見つかったら、ご報告します。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック