bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



レクレーションその2
レクレーションゲームを1つご紹介します。雑誌でちょっと見たのをアレンジしました。

用意するのは、大量のお手玉、紙コップ6個くらい、段ボール紙食事のトレーくらいの大きさのもの4枚くらい、です。


テーブルを2つ用意します。利用者さんを2組に分けます。テーブルを囲む様に利用者さんに椅子に腰掛けて貰います。

テーブルには紙コップを伏せて置きます。最初は2つ並べて置きます。安定を良くするのです。

その上に段ボール紙を置きます。

セットはこれでおしまい。
2組に分けた利用者さんの対抗戦みたいにすると、面白くなりますが、利用者が少ない時は、テーブル1つでも良いと思います。

利用者さんには、お手玉を数を決めて配ります。最初の方から、お手玉を段ボール紙の上に置いて貰います。

順番でもランダムでも良いと思いますが、ハラハラドキドキ感にするには、何故か順番で1つずつ置くのが良いみたいでした。

例えば時計回りに利用者さんにお手玉を、1つずつ置いて貰います。土台は紙コップですから、バランスを考えてやらないと、崩れてしまうのです。

全部お手玉を置けたら、一度おしまいです。

次は土台のコップを1つにして、安定を悪くします。これも出来たら、段ボール紙を二段にして、間に置く紙コップのバランスを、わざと悪くします。

私がやってみたら、ここまでで40分少しだったと思います。

短くしても、もっと難問を作っても良いでしょう。


片方のチームはチームワーク良く、全部失敗せずにクリアしていました。

もう片方はお茶目な方、果敢な方があり、崩れそうで多分大丈夫、と思う様な場所にお手玉置いたりして、やっぱり失敗して、一からやり直ししたりして居ましたよ。

間を詰めて座るので、多少足元が難しい方でも、隣の方の椅子などに掴まって、ちょっとくらいなら、立っても大丈夫でした。

車椅子等の方で、少し立って、では手が届かない時は、どのあたりに置きたいか聞いて、スタッフや隣の利用者さん等が、代わりに置くと良いかな、と思います。


積むものを空き缶にしたり、割りばしにしたりして、積んであるものを崩さずに1つずつ取るゲームにもアレンジ出来そうです。

碁石なんかでも、将棋の駒でも出来そうな気がします。

何故か皆さん、とても楽しそうに取り組んで下さったので、ご紹介してみました。

勝ち負けはつけませんでしたが、1つ1つ達成していく事を楽しんでくれた様子でした。

ルールを決めて、勝敗をつけても良いですね。

宜しかったら、お試し下さい。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック