bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



週末です
週に3日のパートなので、週末3日と火曜日は休みです。フルタイムでの仕事はもう出来ません。

手術して5年になります。心電図などは正常になりましたし、血液もまあまあ普通です。でも一度切った心臓は元通りにはならない様です。

まだ心臓がある程度まともに動いていた頃、グループホームで月に13泊、宿直をしていました。休みは週に一度でした。

それでも元気に仕事をしていたのが幻の様ですね。

結局、その無理が祟って、心臓が限界に達し、人工弁と交換する羽目になった訳ですが。

これはもう身体の耐性の話で、仕方無い事でしょう。
サラリーマンのデスクワークでも、疲れないと言う事はありませんし、残業もあるでしょうし、ホワイトカラーだったら、手術をしないで済んだかどうか、は判りません。

切った以上は、身体に合わせて無理をしない様にしています。

障害年金だけで生活出来るならありがたいですが、世の中そうはいきません。夫婦揃って障害者ですし、夫婦共に障害年金の受給者ですが、障害者の生活には、健康な人には必要ない経費が色々掛かります。

それで我が家は非課税家庭になりました。非課税なら、私だけは膨大な医療費が無料で済みます。家内は精神障害者なので、医療費助成の対象外ですから、健康な人と同じ負担が掛かります。複数の病を抱えている家内は、月に数万円の医療費負担が掛かるのです。


こういう家庭ですと、私の休みの日は、夫婦揃って寝込んでいる事が多くて、レジャーなどで楽しむ事は皆無になりました。

それも仕方無い事だろうと思います。

健康な方の老齢基礎年金が、マクロ経済スライドにこの春からなりまして、支給率が下がりましたね。

障害年金はとっくの昔に、マクロ経済スライドになっています。毎年支給額が下がっていきます。

障害者って、楽をして福祉で生活している様に思われがちですが、実はそうではないのです。

同様に、高齢者の方も、年金で悠々自適なんて方は、滅多にいません。介護保険を使う様になると、自己負担率が重くのし掛かります。


楽して暮らせる人は、ごく一部のお金持ちに限られると私は思っています。

だから福祉の充実が必要ですし、国は福祉にもっと予算を注いで欲しいですね。
私は高負担高福祉の社会を望んでいます。収入のあらかたを税金に取られても良いのです。

その分、弱者になった時に、税金を払った分だけ、国の保護が安心して受けられる様にして欲しいです。

ですから、現在の中負担中福祉などと言う、半端な政策には反対の意見を持っています。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック