bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



日帰り旅行に行きました
以前の職場の利用者さんと、日帰り旅行に行きました。

利用者さんは、いわゆる乗り鉄さんで、新幹線に乗るのが何より楽しみです。

結構遠く迄行きたい訳ですけれど、日帰り可能かどうか、は理解出来ないので、仕事でヘルパーさんには頼めません。

又、ヘルパーさんに頼むと、往復の交通費は二人分利用者さんが負担しないといけないので、さすがに二人分負担して迄はねぇ。

私と行くには、自分の費用は自分が出す、で行きますから、まあまあの金額で行ける。

ちょっとした大名旅行で、行きは新幹線の各駅停車でグリーン車、帰りは早い新幹線で普通席、なので、ちょっとした民宿なら宿泊出来るくらいの代金が掛かります。

でも、親御さんも、年に一度だから、と、ご本人のお金から捻出して、自分の楽しみは自分のお金で、と快く出して下さいます。


乗り鉄さんの旅行ですから、新幹線に乗っているのが目的なんです。いっぱい乗れるから、行きは各駅停車なんですね。

帰りは早く帰りたいから、早い新幹線な訳なのです。

今回は、利用者さんが希望している条件に合う新幹線が行きも帰りも一本ずつしかなくて、慌てました。

今時、休日のゴールデンタイムに、遠く迄各駅停車の新幹線って、ほとんどないみたいです。帰りは早い新幹線ですが、車種の指定があって、出来れば一般の方が帰るより早く帰りたかったのですけれども、遅い時間にならないと、その車種が出ない。


結局往復で12時間の日帰り旅行でした。

それなら一泊してくれば良い、と言うのは、我々の勝手でして、あくまでも、利用者さんの希望を出来る限り実現しようとすると、やっぱり往復で12時間、になってしまうのです。

楽しかったですよ。一般の方の旅行とは違った、利用者さん目線の旅行も良いものです。

現地では名物をお昼に食べて、地下鉄や周遊バスに沢山乗りました。


お金の事は理解出来ません。だから、どのくらい贅沢な旅行かは判断していないと思いますけれど、年に一度、このくらいの時期に、私と新幹線に乗りに行く、と理解している様子です。
利用者さんはダウン症候群。そんなに高齢迄は動く事が出来ないでしょう。あと十年でしょうか。動けるのがね。

私も年々、身体がしんどくなりますが、お互いが動けるうちは、毎年、旅行に出掛けようと思っています。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック