bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



倒してはいけないボーリング
利用者さんに好評なレクレーションを1つご紹介します。

テーブルを2つくらい並べて、コースにします。

利用者さんはコースに設けた椅子に座って、プレーします。


コースの手前側に、ボーリングのピンを並べます。小さな卓上で遊べるピンで、なるべく不安定で倒れやすい、100円ショップで売っている様なピンがよろしいです。

利用者さんから見て、9本が正方形になっている様にまずピンを並べます。真ん中の3本の奥に4本目を並べて、コースは完成です。

2つ繋げた、奥のテーブルの、利用者さんが座る椅子と反対側、つまり奥側に、何か箱の様なものを設置して下さい。

私は100円ショップで売っている様なプラスチックの籠の持ち手を外して、ガムテープで付けています。


これで一応、準備が出来ました。

3列にボーリングのピンが並んで、2本のコース、つまり、何もない部分が出来ていますね。

ピンポン玉を幾つか用意します。私は5個使っています。


利用者さんにピンポン玉を手で転がすか、弾いて貰います。

四番目のピン迄、何も倒れずに通過したら、第1得点を付けます。私は10点にしています。

次に、通過したピンポン玉が、奥側に設置したゴールの箱や籠に入ったら、ボーナス得点を付けます。私は30点にしています。


私の設定だと、1球で取れる得点は、10点か40点ですね。通過して10点、籠に入って30点ですから。5球全部入ったら、満点は200点です。


籠に入れるコツは、ゴールの籠めがけて、コースを斜めに横断する様に転がす事ですが、真ん中のピンの列は4本並んでいますので、一番奥のピンが邪魔になり、なかなか籠迄入りません。

コツと運の両方が左右する様なゲームです。


今のところ、満点を出した利用者さんはまだありません。何回かやった利用者さんは、だんだんコツを掴んでいます。


これは力は必要ないので、手に余り力の入らない利用者さんでも、片麻痺の方でも、車椅子の方でも参加出来ます。

個人戦でやっていますが、チーム戦でも面白いと思います。

チーム戦の場合は、力の弱い利用者さんや認知症があって的確に行動しにくい利用者さん等には、スタッフが手を添えて、一緒にチームとして楽しめる様にしたら良いかな、と思います。
宜しかったら、お試し下さい。

倒してはいけないボーリング、は、私オリジナルのネーミングですので、ピンにするものを変えたりしたら、相応しい名前を付けて下さいね。

トイレットペーパーの芯を並べるのも、倒れやすくて、同じように楽しめるかもしれません。

簡単にするには、ピンを倒れにくく重くして下さい。

卓上でやっていますが、身体が動き、立つ事に自信のある利用者さんが多い場合は、ピンを大きくして、床にコースを設置して、大きなボールを投げたり、蹴ったりしても、楽しめると思います。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック