bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



スリッパ
先日、車椅子のご利用者さんが、スリッパ履きのまま来所してしまった、と言うビックリした事がありました。

その利用者さんのお連れ合いは、たまたま私の住まいのマンションの管理人さんです。利用者さんには認知症があります。

朝、お迎えに行った時に、管理人さんが靴を履かせ忘れたので、スリッパ履きのまま、来所してしまった訳なのです。

おやつの時間頃に私はやっと気付きました。朝、お迎えに行った時の添乗員は私じゃないですよ。

たまたまその日の常勤職員さんのリーダーは、ちょっとなんと言うか、変な人?つまらない事を気にする割には、肝心な事が抜けていたりする事がある方でした。

リハビリの理学療法士の人達は、どうも介護職員より自分たちが偉い、と思っている人が多いのですが、たまたま、何でも事故にしたがる理学療法士の人が休日でした。

誰もスリッパ履きの利用者さんに言及する事なく、利用が終わり、お帰りの車の添乗員は私。

お送りして、管理人さんに、スリッパ履きのままだった事をお伝えすると、ビックリされて、靴を履かせ忘れた!ごめんなさい、との事でした。

いや。朝、お迎えに行った時の添乗員か、ドライバーさんが気付かないとダメなんですよ。

その利用者さんは、たまたま車椅子から立ち上がって歩く事がありませんが、万一と言う事もありますし。
スリッパ履きのまま、車椅子利用で認知症がある方が、立ち上がったら大変です。歩いたら転びます。

意外と歩ける方ではあるのですが、足元を確認して歩かれる訳ではないですし。
何でもかんでも事故にするのは好みません。でも自覚はした方が良いのではないかなあ、と思うので、その朝、お迎えに行った時の添乗員の職員さんには、そっと伝えてみようかな、と思います。派遣社員の方なんです。最近来られたばかりの方です。

まあ、いくら車椅子の利用者さん、と言えど、まさかスリッパ履きのまま、とは思いませんけれど、その利用者さんは、おうちの中では、管理人さんが手を引く等して、車椅子を使うのは、外に出る時だけなんです。

知り合いだから、私はたまたま知っているのですね。

何事もなくて、本当に良かったです。

こういう時こそ、みんなで注意しましょう、と言う前向きの情報共有をしたらどうか、と思うけれど、ちょっと何かあると事故にして、事故を起こした、と見なされた職員を責める、と言う仕組みなので、他の職員さんには黙っているつもりです。

この仕組みがおかしい、と気付いている常勤職員さんには、ちょっとお伝えするかもしれないけれど。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック