bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



統一地方選挙
明日は市と特別区の投票日ですね。

我が家は本日、期日前投票に家内と行きました。いつも期日前投票で行くのです。

何故ならば、投票所は徒歩で行かねばならず、家内には歩けません。車が入るのは、期日前投票所だけです。又、投票日は混雑するので、人いきれで家内は倒れそうになってしまうからです。

介護保険の施設で勤務していると、投票に行きたいのに行けない方々のお話を伺います。

片麻痺で車椅子でしか移動出来ない方々は、投票に行けません。自家用車に乗る事は何とか出来る方もありますが、家庭用の自家用車に車椅子は畳んでも乗りません。投票所で歩ける訳はないので、棄権せざるを得ない方の嘆きを良く聞きます。

行こうと思えば、不可能ではないですよ。介護タクシーを使って、車椅子を積んで貰うか、家庭用自家用車で車椅子無しで行き、投票所で係員を呼んで、投票所備え付けの車椅子を借り、係員に付き添いして貰うか、ならば行けます。

自力で歩く事が難しい障害者の高齢者の方に、そんな大変な事をして迄、投票に行きなさい、なんて言えません。

うろ覚えですが、一定の細かい要件を満たした障害者は郵送投票出来たかな?とも思うのですが、出来たとしても、今度は手続きが必要になるでしょう。

我が家も家内が重い精神障害者ですから、家から出る事自体に困難が付きまといます。

なかなか腰が上がらない家内を説得して投票に行くのは大変です。

家内は朝と昼間が特に動けません。私は疲れが出てくる午後遅くから夕方、夜、に掛けては、とても運転等出来ません。結局、運転出来ないと投票出来ないので、家内が朝か午前中に無理やり動いてくれて、やっと投票が出来ます。


弱者程投票に行けない仕組みになっているのですよ。
住民基本台帳等と言う、住民統制みたいな番号を強行したり、国民一人一人に番号をつけて管理しようとしたりしているのですから、こんな時こそ、住民の為に番号を使ったら良さそうなものです。

障害者だとか、介護保険での身体が動くか無理か等は、自治体が情報を持っています。

高齢化社会の日本で、投票整理券だけ郵送して、全員が手足充分で、スタスタ投票所に行ける前提で制度を運用するのは、どうも何かが違う様な気がしませんか?

寝たきりの方にも色々な原因がありますが、政治的な意見はあるでしょう。寝たきりの一定の細かい要件を満たした方は、ひょっとしたら郵送投票出来た?かなあ?

健常者の方、是非、投票に行かれて下さいね。行きたくても行けない有権者は山ほどいるのです。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック