bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



体操とリラクゼーション
通所リハビリですが、リハビリは専門の理学療法士が別の場所でやるので、私がいる所は、実質的にはデイケアです。

目的はリハビリなので、午前と午後、二回体操の時間があります。体操のあとはゲーム等をしています。

係は職員で回り持ちなので、体操の係は良く回って来ます。

職員さんによって、いつものパターンが違うので、利用者さんは色々な体操をなさる事になり、結果は良いんじゃないかな、と思います。

最近、私も特徴的なパターンを作りました。脱力です。

体操って力を使うばっかり、になりがちなので、ある程度力を使う体操をしたら、リラクゼーションを兼ねて、脱力する時間を作っています。

椅子に腰かけての体操なので、左右と前に身体の力を抜いて、だらーん、とする事を組み込む様になりました。

意外に日常生活で脱力する事は少ないんです。特に身体が硬くなりがちな高齢者の方には脱力は難しい様子ですね。

体操はなるべくゆっくり、力を入れてする体操は少し大変なくらいの量にして、途中、途中に深呼吸やリラクゼーションを挟みながらやっています。

他の職員さんの体操のファンもいますし、私の体操が好きな方もあります。

色々問題の多い施設ですが、ご利用者の方々には、良いサービスを提供したいものですね。

もめ事は内輪で止めておきたいのですが、特定の職員さんが、良く利用者さんを巻き込んだ事柄を起こします。なるべく利用者さんを巻き込まない様にしたいものです。

手前味噌ですが、体操をする時の脱力、リラクゼーション、お勧めします。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック