bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



看護助手は本当は好きじゃないです。
仕事に貴賎はないと思っています。でも、好き嫌いはありますよね。
好きじゃないです。看護助手。

病院と言うのは、療養をするところです。
治ったら、退院するところでもあるわけです。

当院は、一度入院されると、数年、十年、数十年単位で、病院を暮らしの場にしてしまう患者さんがたくさんいます。

患者さんのせいじゃないと思うんです。
支援がなされていないから と思います。

看護助手では、雑用に掃除に入浴の手伝いにトイレのお世話ですから、何も言えません。

私は元々介護屋なので、療養する場所が病院なら、これは一体何だろう と思うことが多くて、仕事は仕事で失うと厄介ですから、していますけれども、本当は長くは居たくないんです。ダメかなぁ?

看護助手の仕事がレベルの低い仕事と思っているわけではなくて、看護師と介護屋の意識の違いの話をしているんですよ。

患者さんの目標を書くところがあるようなのですけれど、「落ち着いて療養生活ができる」という目標が一番多いんです。
「何ヶ月後には一人で外出ができる」「一人暮らしのために何をする」「退院する」というような目標を見たことがありません。
看護師さんは病院の内部での目標だけ書いているのかね?

ずっと入院させておくなら、「落ち着いて療養生活ができる」しかなくても良いですけれど、地域以降促進の折から、いつまでも漫然と入院しているのが当たり前みたいなのはどうか とどうしても思ってしまいます。

退院の話になると、「引き受けてくれる受け皿があれば、いつでも退院させたいわ」なんていう看護師さんもいます。
病状云々じゃなくて押し付け合いのような気分になってしまいます。

介護職は勿論、ケースワーカーさん(受け皿の方に当たる方達)や、受け入れ施設、受け入れ団体(ヘルパー等の派遣団体さんとか、グループホームの受け入れ団体さんとか)の方々、市役所の生保のワーカーさんなどは、全部まとめて「福祉の人」と呼ばれています。

福祉の人 と呼ぶことに、私はすごく無礼な感じがします。
ケースワーカーさんはケースワーカーさんですし、世話人さんは世話人さんで、コーディネーターさんはコーディネーターさん、受け入れ団体はどの法人 と分けつつも一体になって患者さんを支援しないと、患者さんはいつまでものんべんだらりと入院していることになってしまいます。


でもねぇ。

古かった開放病棟を今、(私がいるのは、第一次で新しくした病棟です。第二次をやってます。)第二次であたらしくしているのですけれど…

全部療養病床にするそうです。

閉鎖病棟3つ、療養病棟3つ。


地域に復帰させるつもりはないのかな。
療養病床なら、いつまで入院していても構いませんよね。
薬もいらなくて、安定した患者さんが住まいにするような?病棟です。

コンビニエンスストアにも行けなくて、何が病院の役割なんだか、理解できず、ちょっと困っています。


別の病院さんは違うと思います。
看護助手の仕事は低い仕事ではなくて、誇りを持って天職としてしておられる方、たくさんおいでと思います。

残念ながら、当院は違います。
トップの方の最初の話と現実がかなり違うんですよね。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック