bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



社会的入院
少し書きます。

どこの精神病院も、少なからずそうだと思いますが、社会的入院の患者さんが、とても多いです。

これは介護保険に遠因があるんです。

老人保険施設、と言うのがあります。病院から退院して3ヶ月リハビリをして、自宅に帰る為の施設です。
実際上は、特別養護老人ホームの順番待ちの方が非常に多いです。

3ヶ月おきに年に四ヶ所の老人保険施設をぐるぐるしながら待つ方が多かったのですが、地域復帰促進と言う事で、ぐるぐるする事が事実上出来なくなりました。

精神病院は病院ですから、病気治療中で、ぐるぐるに影響しません。

認知症等で、特別養護老人ホームを待つ筈の方が入院されると、ご家族はほっとしますから、無理に特別養護老人ホームを探さなくてもいいや、となってしまったり。


精神疾患の方でも、病院に入った事で、ご本人やご家族がほっとしてしまい、だらだらとそのままになってしまったり。

病院には介護職はいませんから、生活をみる職種がいません。看護師は病気の事をみる職種なので、病院内で平穏にしていれば、それ以上の事をする義務はないです。

相談職はいますが、100人の患者さんに1人程度で、訪問看護と掛け持ちです。
病院と言う組織の中、特に生命には直接影響しない病の方が多い中、治して、地域に結びつけ、退院させねば、と言う事がとても難しい事の様に扱われます。


みなさん、どの職種の人も、真面目に懸命に働いています。なのに、精神病院がついの棲みかになっちゃう患者さんが続々といるのは何故なのか、消化出来ずにいるのであります。

仕方無いのでしょうかね。何かが違うと思うのです。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック