bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



ルパン三世
実写の映画をやっています。出来、不出来はともかくとして、前の職場の利用者さんと、見に行ってみました。

利用者さんは重度の知的障害のある方で、敢えて言えば自閉的な方。典型的ではない方です。

アニメで散々子供の頃見た世代ですが、アニメが実写になって、果たして通じるか、ちょっと不安ながら、娯楽として見て下されば良いか、と、参りました。

待つのは難しい方。少しもじっとして居ない方なんで、2時間半、座っていられるかも判らず、お母さんのダメなら出て下さい、これも勉強です、の言葉に後押しされて行きました。



結果。


感性は強い方なので、どうやらルパン三世だ、と言うのが通じた様子でした。

2時間半、飽きるとカバンを持ってこちらを見るのですが、知らん顔をしていると、諦めてくれるのか、そのままあくびをしたり、よそ見をしたりしながら、遂にたち歩く事はありませんでした。


映画は子供の頃に見ただけで、何十年降りだとか。なかなか騒いでしまったら困る、と思うと、行けない事もありますよね。重度の方は、ほとんど映画には行かれません。


立ち回りや、派手なシーンになると、見て、退屈なシーンは適当に過ごし、2時間半ちゃんと見て、帰り道にルパン三世グッズとパンフレットをお土産に買って帰宅しました。


その方とは、妙にうまが合って、もう一人、仕事じゃなくて、時々お出かけする方がありますけれど、楽しい外出が出来ます。

二人の好みが違うので、出掛けるところは違いますが半年に一度くらいの割合で、外出しています。


もう一人の方もルパン三世は散々見た世代ですので、その方も今お誘いしてみています。

その方は障害されている部分が違うので、アニメと実写だと、ものが違って楽しめないかもしれないので、その方が大好きな、電車でのお出かけも提案してあります。

どちらが良いか、本人さんが選んでくれるでしょう。


感性の強い、ルパン三世に行った方ですが、なんやかんやで、アニメと実写が結び付いたのには、実はかなり仰天しました。

2時間半席を立たなかったのには、私もお母さんも唖然としてしまい、信じられませんでした。


知的障害のある方は、決まった事しか出来ない訳ではないですし、人生を重ねる事で成長されます。

介護屋でしたから、知識としては知っていますし、どこかで大丈夫だろう、とは思っていたのですが、やってみて、実は計画した私が一番驚いています。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック