bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



ネグレストの反作用みたいな気がする
現在の病棟のトラブルなので、詳しく書けませんが。

知的障害のある方、成人の方が入院されています。


ちょっとしたトラブルを良く起こしてしまい、担当nurseが頭を抱えています。

トラブルはちょっとした事です。知的障害があるから、説明しても判らないよね、とnurseは困っているのです。



で、ふと、ご家族の様子について、ちょっと口にされました。それを聞いた私は、ネグレストの反作用だ、と感じました。


知的障害のある方が精神病院にいきなり入院してくる時は、かなりの確率で、周囲の勘違いか、社会的入院です。違う場合もあると思うけれど、違うケースに私は出会っていません。だから無い、と言う事は勿論ないでしょうね。


知的障害のある方の療育は大変です。社会資源を活用する事をしないと、難しいケースもあります。

でも、本人さんのせいじゃ無いですよね。


愛情があれば、とか、澄んだ瞳がなんとか、とかは全く思いませんが、通常の子供は悪さを沢山しますね。他の子供とトラブルも起こします。その中で善悪を知り、社会生活を知るんです。


知的障害があるから、と言って、善悪判らない訳じゃないし、障害本来のものは克服出来ないけれど、二次三次障害は、克服出来ます。生育者、支援者が二次三次障害を作るんです。


背景に、ご家族が厄介払いをしてきた様子が感じられるんですよね。療育の仕方には、健常者に対する養育とは違うものがあるんです。それが判らないで育ててしまったのかな、と感じます。


すると、厄介だ、と疎ましく思っている事に対して、トラブルが日常化します。

そんな感じのトラブルです。


患者さんは、ご家族の話をほとんどしません。患者さんもイヤなのかな?話を充分に出来る能力がない方は、かなり軽い方にもありますから、ご家族の話が出ないから、家族が嫌いかどうかは、判断出来ないのですけれど。

形に見える、生命に関わるようなものではないかもしれませんが、ネグレストの影がチラチラ私には感じられるのです。


トラブル回避には、まずある家族の愛情の捻れと言うか、厄介払いしたい気持ちと言うか、そこから改善しないと無理でしょう。


その患者さんが家族と離れて暮らすなら、精神病院入院じゃないです。知的障害のある方向けの生活施設ですよね。


退院後はグループホームに行く、とか聞いた事がありますが、精神病院長期入院で、厄介払いしないで欲しいです。


精神病院でも、精神疾患でない方、沢山長期入院しています。悲しいですよね。で、私には何も出来ないのです。社会的入院は、その患者さんだけじゃなくて、様々な行き先のない方が、沢山おいでになります。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック