bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



野菜ジュースは飲んでも大丈夫?
ワーファリン常用の私は、食物制限があります。
ビタミンKが大量に含まれるものはダメですね。今、流行の青汁はダメです。
納豆がダメなのはよく知られているかと思いますが、納豆がダメなので、これは私には関係がありません。

主治医が「サプリメントはダメ」といいます。
以前、友人から好意で頂いた、にんにくエキスをしばらく飲んだら、トロンボがものすごく悪くなって、おお慌てしたことがありました。
以来、いわゆるサプリメントは一切飲みません。
医学的な理由は簡単に説明してもらいましたが、うまく説明できないので、市販の本などに「サプリメント研究」の如きものがいくつか出ているようなので、気になる方はご覧ください。

何かの栄養素が天文学的に入っている食品は、どうもダメらしいです。
栄養素自体は体に取り込まれないのですが、悪さはする ということのようです。


さて。青汁は飲みませんが、(ダメとわかっているからね)市販の野菜ジュースは飲んで良いのでしょうかね?
飲んじゃうんですけど。
嗜好品としてね。
野菜不足を補う意味では飲んでいませんが、文字通りジュースとして時々買い置きして飲みます。
そんなにものすごい量の栄養素(って、野菜ジュースで野菜の代わりにはなりません。どうも本当のようです。)野菜ジュースには入っていない気がしますけれど、最近のはなんだか様々なうたい文句のものがあって、嗜好品として飲めちゃうというか、まあ、楽しみとして美味しいというか。だから飲んじゃうんですけど。

主治医に叱られながら、どうしても使ってしまうものに、ゼリー飲料があります。
あれ、人工の化学品ですよね?

食事をする時間が惜しいことがよくあって、朝は大抵ゼリー飲料で終わりです。
気にすることはないかもしれませんが、どうしても歯磨きに時間がとられるので、歯磨き少々サボっても大丈夫そうなゼリー飲料になっちゃう。
そうでないときは、外でモーニングサービスのようなものを食べて言って、職場の隅っこで歯磨きをします。

歯磨き、趣味に近いかも?
歯医者さんには半年に1周くらいの割合で行っています。
まあまあ、この年なりに、我慢ができる程度らしいです。
歯と心臓は直結なので、歯は本当に怖いです。
で、歯磨きって、私の中ではとても重要。

なんてこともあり、セリー飲料使っちゃうのですが、「これはサプリメントだからダメ」と叱られつつ、トロンボに今は影響が出ていないので、使ってしまいます。


そういうのを考えると、フルーツグラノーラは大丈夫?とか、機能性飲料(薬局でも買えますが、病院の食事で十分食べられない方に、栄養課が食事につけてくるようなものですね。最近有名なのには「クリミール」などがあります。)は飲んでも良いの?とか、気にし始めるとみんなダメみたいな気がしてきます。

クリミールのような機能性飲料は飲みませんけれど、ゼリー飲料とどこが違うのか?わからないです。

青汁も粉末タイプを水に家庭で溶かすのが主流になりましたよね?
昔はジュースそのものの形だったような気がします。
粉末タイプのは、栄養素は壊れていますから、ビタミンK大丈夫?と思ったりもしますけれど、やっぱり青汁ですから、何らかの悪さはするでしょうし、考えれば考えるほどよくわかりません。


ワーファリンという薬は、人工弁置換をしている患者で、機械弁の利用者には、絶対に欠かせない薬です。
これがなかったら、いつ血栓ができて、心臓が止まるかわからない。

いわば生命の根幹を支えている薬です。
それがなければ、機械弁置換者は生きられない。


うーん…

主治医に聞けば良いのですが、怪しいものは止めておくのが王道ですから、つい聞きたくないと思うことも本当です。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック