bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



躁転中の患者さん
今月いっぱい今の病棟で勤務します。あと1日です。

今の病棟に、躁転中の患者さんが2名おいでになります。
躁転とは、躁うつ病の患者さんなどに多い症状で、文字通り躁状態が続くことです。

躁転の最中はいわゆるテンションが高い状態になり、いろいろな意味で自己中心、攻撃的、誇大的になります。1名の患者さんは保護室においでですが、1名の患者さんは普通の個室においでです。

看護師さんは、2名とも保護室に入って欲しいようですが、担当医の方が違うようで、1名の方は、個室のまま療養していただくことになるようです。


私の家内も最初の入院の際に、躁転状態が、1ヶ月半続きました。
今思えば、保護室管理もやむ無いかと思いますが、医師の方は、大部屋のまま、療養させて下さいました。
ありがたかったというか、申し訳なかったというか、いろいろです。
家内は非常に攻撃的になりまして、最初は看護師さんに攻撃が行きますけれど、そのうちに、同室、他室の患者さんにも攻撃が行き、最終的には、家内の病棟を移すことで家内も落ち着きを取り戻して、その後しばらく療養させていただきました。

私も躁転には慣れていない家族でしたので、かなり振り回されて大変な思いをいたしました。
どう考えても家内の主張は間違っているのですが、家内を説得することは勿論不能で、どうしたものか、結構考え込みました。

その時の士長さんもすごい方で、家内のおかしな主張にある程度対応して、主張を聞いてくださったようでした。


でね。

これは病院も違うし、病状も違うし、比べることはできないのですが、怒っても、叱っても、躁転中の患者さんには通じません。病気で躁転しているので、もうどうしようもないのです。敵をたくさん作りますし、味方もつくります。敵と決めた人(本人さんが決めるのではないです。病が勝手に決めるのです。)のいうことは、絶対に聞き入れません。間違っているとしか感じないのです。

そういう患者さんに看護師さんは、敵になってしまうのは仕方ないこと、仕事柄受け入れるべきことなんだろうと思います。毅然とした態度であっても、怒ったり、叱ったりしても意味がないように思います。傾聴などと言いますが、まさに傾聴することが、本人さんの療養に価値が有るようにも思います。


今の病棟は、いえば厄介な症状の方が一堂に集められているところです。
躁転中の方あり、うつ病で自殺企図の方あり、初期の認知症で不安の中、落ち着かない状態が続き、結果として大騒ぎしている患者さんもあります。他の内蔵的な病があって、加えて初期の認知症があるので、生命の危機にある方もあります。統合失調症の慢性期の方(何十年入院している方)もありますし、統合失調症と同時に多飲症(いわゆる水中毒)があって、うっかりしていると、意識混濁迄いってしまい、救急搬送しなくてはならなくなる方も複数名おられます。

そういう病棟で勤務される看護師さんは心労著しいだろう とは思うのですが…

怒鳴っちゃいけないですよね。
叱るのは良いですが、怒っちゃいけないですよね。
芝居で叱る、怒る、はありえます。
そういう看護師さんもおいでになります。
すごいなと思います。
でも、感情で怒ったり、怒鳴ったりする看護師さんもいます。

プロだからねぇ…

こんなことがありました。

これは看護師さん失敗しちゃったな、謝罪しなくちゃいけないな と思いました。

入浴の際のことです。


精神疾患、精神障害の方には、入浴したがらない方がたくさんいます。
我が家にもいます。
なだめてすかして、なんとか毎日風呂に入れています。

病棟ですと、週に多くて3回、当院では2回しか入浴の設定がありません。1回入らないと1週間入らないことがザラということになってしまいます。
余りに入りたがらない患者さんが多いと、つい、ぞんざいになりがちなのもわかりますが…

ある看護師さんが、入院して1ヶ月にならないうつ病の患者さんに無礼なことをしてしまいました。

「入浴です。すぐ入ってください」の如きことを呼びかけながら、その患者さんが布団をかぶっていたので「はい。入る!今すぐなら○○の浴室ですぐ入れるから。」などと言いながら、布団をはがして、無理やり手などを引っ張って、強引に浴室に同行しようとしたそうです。


患者さんが言うことなので、多少誇張はあります。
私、ちょうど浴室の前にいまして、その声を聞いていました。
布団剥がすところは見ていないし、引っ張っているところも見ていません。
でも、威圧的な感じで看護師さんが「さっさと入れ」みたいな様子だったのは、毎回のことなので(その看護師さんは)知っています。

しばらくして、患者さんが廊下にこられて私に質問しました。
「○○の浴室の担当の看護師さんは誰ですか?」
「○○の浴室は、誰々看護師さんが今日は介助をしています。」
誰々看護師さんは、男性。
威圧的だったのは、女性の看護師さんでした。

「女性の看護師さんは誰ですか?」
「○○浴室は今日は誰々看護師さんが係りで、女性の看護師さんは担当されていません(本当です。威圧的だった看護師さんは、誘導係りで、浴室介助の担当ではなかったので、患者さんそこを知らなかったようです。)

で、患者さんが、布団をはがして、無理やり浴室に引っ張っていこうとした女性看護師がいた と話されて、やっと意味がわかったのでした。

「それは申し訳ないことをいたしました。大変失礼なことをしたと思います。看護師には私から話して、注意するようにいたします。」
「それで、それはそれとして、本日はどちらの浴室ではいられますか?」
「気分が悪いので(嫌な思いをしたので)今日は絶対に入りません。」
「承知しました。では申し訳ありませんが、本日はなしにされて、次回こういうことがないように致しますので、気持ちよくお入りください。」

と話したあと、患者さんは、看護師控え室に直行。
顔を覚えていたか、誰が布団を剥がしたか聞いたかしたのでしょう。
威圧的だった看護師さんを特定し、直接文句を言っておられました。

患者さんは大人です。
でもご病気です。
病気だからと言って、看護側の都合の良いようにしてはダメな気がします。

躁転中の患者さんも、初期の認知症の患者さんも皆さん同じです。
大変な病棟なのは、仕事ですから、私なんぞにもわかりますけれど。
私は看護助手なので、見ているだけで良いところもあるかもしれませんしね。


7月から違う病棟に異動です。
異動の訳がちと納得がいかないので、と、皆さんが「あそこの病徴はとにかく体力的に大変だから、障害のあるあなた(私)では体が持たないと思う」と忠告してくださるなどに困って とで、どうも心穏やかではなくて困りますが…

異動は嫌です というわけにもいかないので、しばらくは、落ち着かない日々とデータ悪化の日々が続きそう。
昨日循環器に定期の診察で行ったら、このところ疲れはしますが、休養できているのでデータが大変良かったので、次回、また、悪化していないことを祈るばかりですね。



でも。何回も言いますが、「○○先生がお風呂に入れと言っていました。」「お風呂に入らないとおやつもダメです、タバコもダメです、ジュースも買わせません」「早く入らないと遅くなってお昼に響くから、順番なので、今すぐ入りなさい」などは、やめてほしいです。

現実に先回りした看護師さんが「入りなさい」といえば言うほど入らない患者さんもいるんです。
黙っていると普通に入ってこられます。
出るのも、せかせば急かすほどいつまでもグズグズしている方もあります。

患者さんは大人です。
でもご病気です。

ここが十分に行き渡っていないと、躁転中の患者さんも、風呂に入らない患者さんも改善しないですね。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック