bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



C型肝炎
私の配属先には、C型肝炎に罹っている患者さんが複数名おいでになります。
普段は、傷などがあったり、皮膚がただれていたりする時に、入浴の順番を最後にして貰っている程度のようです。
罹っていると言っても、どの方がキャリアで、どの方が発症しているやら、私たち看護助手には区別がつきません。

今はC型肝炎は克服できると聞きます。

でも、病棟の患者さんは、積極的な治療を受けているとは思いにくい状態にあります。
精神病院に入院していて、大きく自覚症状等がない場合って、最低限の服薬で良いのでしょうか?
(知らないです。すみません。)

感染リスク軽減の為に、日常生活は普通に送って頂いて構わない事は知っていますが、医療従事者の看護師さんや、我々看護助手はどこまで気を付ければよいやらも、よく判りません。

飛沫感染する訳ではなく、体液、血液等が、当方に傷などがあった場合に直接濃厚に触れたりしない限りは、感染しない事も知っています。感染するにはバケツで患者さんの血液を浴びるほどじゃなくちゃ、感染できません。

自分が感染するかどうか の話しは、自分が気を付けらばよいので気にならないのですけれども、私が仲介して、他の患者さんに遷してしまう(私もその時は感染する可能性があるのかな)のは困ります。

C型肝炎の患者さんが多いには、精神科入院病棟特有の事情があるそうです。
聞いたけれども書くべき事でもないので、それは環境としてありうるとして。
C型肝炎は、今の所、ワクチンで予防する事が出来なかったと思います。
B型肝炎はワクチンがありますから、勿論、私はワクチンを接種して、切れない様にしています。

プロとして自分が感染して、他の方に遷さない為にはどうするのか、その所がC型肝炎については判りにくくて、困っています。

普通の事で良いのですよ。
飛沫感染などはしないので、HIVのキャリアの方に以前凄い偏見が行ったことがありますけれど、あんな事は必要ないのです。
でも、感染リスクがある以上は、仕事する身として、何か病院(勤務先のね)から、指針があっても良いような気がします。

どの方がどの程度の状態で、どういう状態の時には感染リスクが高まる事があるのか、従業員には周知してもらいたいなぁといつも思って居ます。


なんかね。
大丈夫なのは知っていますが、判然としないのですよ。
確実にあるはずの感染リスクに対して、徹底がないと言うか。
ご本人にも、病の周知が出来ているのかどうか 等がさっぱりわからない。


10人におひとりくらいの確率で、C型肝炎の患者さんがおいでになります。
一般の社会、一般の病院に比べたら、高い確率だと思います。
なぜか、私の配属先には、B型肝炎の方はいない。


吐しゃ物、血液、体液などは感染源として大きなものですが、精神科ですから、そういうリスクのある患者さんは余り出ません。そういう部分からの感染を回避しなくちゃいけない状態になる方は、稀です。

じゃ、放置(ではないけれど)しておいて良いのか、患者さんにはC型肝炎の薬?を飲んでいてもらえば、積極的な治療はしない方針 で良いのかどうかも判りません。

この辺が、医療職と介護職の違いなんでしょうね。

どの患者さんにも一日も早く、社会復帰して欲しいです。
何十年入院して当たり前 の状態になっている患者さんも沢山います。色々事情があったのでしょう。社会生活が今の時点では不能な方がかなりいます。
そういう方も早く社会に戻ってほしいですが、病のある患者さん(今回の話題はC型肝炎)にも、普通の病の治療とともに精神疾患の治療を合わせてして、同時に社会復帰を早くできる様なプログラムって出来ないのかな。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック