bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



循環器に行きました
本日は余り天気が良くないのですが、内科には行かなくちゃ。
循環器に行ったら、内科の主治医に報告に行くんです。
あちこちお医者さんに行っていますが、連携して頂くには、自分が自分のコーディネートをしないと誰も連携させてくれませんからね。

で、昨日は循環器に行きました。

有難い事にトロンボはきれいでした。少ない量のワーファリンで大丈夫。
ワーファリンが少ないと出血リスクが低くなるように感じて、少し安心します。
最近では、ワーファリンとは比べ物にならないくらい出血リスクが低い新薬が出ているそうです。
主治医の先生に聞いてみようかな と少し思いましたが、そのパンフレットは病院内においてあったもので、今、ワーファリンを飲んでいて大きな問題がない限りはわざわざ新薬に変える必要はない ともあったので、このまま主治医の先生が変えましょうと仰らない限りはワーファリンで良いのだろうと思います。

年間で心臓そのものを切る手術を1,800件程度やっている、循環器単価の専門病院ですし、日本中から患者さんがやってきますし、そこでワーファリンで良いと処方されている物は変える必要がないと言えるからです。

体重も少しだけ減らしたので、その報告をしたら、カルテに書いて下さいました。何キロくらいにしたいと言いましたら、『目標○○キロ』と書いておられました。

私は肥満ではありませんが、体重は若いころに比べてかなり増えてしまいました。
なので、色々な意味から体重は減らした方が良いので、内科の主治医の管理の下に少しずつ減らしています。
今日は昨日の循環器の血液検査の結果と、体重を毎日記したメモを持って、足りない薬もあるからそれもいただきに、相談に行ってきます。

昨日は疲れてしまって、処方箋を調剤薬局で薬に処方してもらわなかったので、掛かり付けの処方箋薬局にもいかないといけません。天気が悪いので憂鬱なのですが、仕方ないですね。



昨日は床屋にもいきまして。

床屋さんご夫妻は、若いころからの恩人です。若いころ、毎週のように夕飯を食べさせていただきました。
若いのが何人も出入りしていて、私もその一人でした。
今は初老に入られて、週末に夕食をご馳走になる事は無くなりましたが、カットだけはそこに行きます。

ご主人様が数年前に鬱病になって、40日ほどで軽快され、治ったのですが…

2年ほど前に再発されてからは、かなり状態が良くありません。
奥様おひとりでお店を切り盛りされ、家事をこなしておいでになります。
一般の方ですから、ご夫妻の間で病気が元で色々衝突が出来てしまったりして、お困りの様子です。
床屋さんですから、空いている時にカットに伺った時しか、お話しできないのですけれど、奥様に精神疾患とは何かとか、ご主人様の言動について、こういう見方が出来ませんか?とか、お話してくることがあります。

昨日の当地はとんでもない大雨で、お客さんが少ない様な予感がしたので、丁度カットもしないといけないし、伺ってきました。

カットして頂いて、色々お話を伺いました。
ご主人様も奥様も、お互いを思う気持ちはあるけれど、傷つけあってしまうこともあるようです。

色々なサービスを使うことや、奥様も心のケアをすることや、精神科で奥様も睡眠薬を処方してもらっておいでなので、相談されて、心が楽になるような精神薬を処方して頂くことなどを提案してくるのですが、人は様々で、なかなかうまくはいかないものです。

ご主人様は不調な時、『家を出ていく』と表現されることが多いそうです。
実際にしたくもなさるそうですが、出て行ったことはないとか。

奥様、つい、啖呵を切ってしまうようです。
『出ていく、出ていくって、何十回も言うくせに、一度も出て行ったことはないじゃないの!一度くらいちゃんと出ていきなさい!!!』

お気持ちは判りますが、これでは困ります。
ご主人様が出ていくと言うにはそれなりのマイナスの思考があるからです。
その思考の表れが『出ていく』と言う言葉と支度に表現されているのであって、その思考を理解しないと、ただ怒っても、なだめても、ダメなんですね。

とはいえ、一般のご家庭です。
我が家は私がプロですし、家内も様々なサービスを使わされて、随分と学習し、辛い時はもうぼろぼろですが、それなりに自分を客観視する冷静な自分を持っています。
だから、重い障害者同士の夫婦でも何とか生活が成り立ちます。
家内には実に助かっています。

そうそう一般のご家庭でそういう風にはなりません。
奥様のお気持ちも、ご主人様のお気持ちも、どちらもわるくないのです。
ただ、病のせいなんですよね。

私が少しお話したくらいで、何十年と連れ添ったご夫婦の間の厄介事がどうなる訳でもないですけれど、お話をお聞きして、お話して、それで少しだけお気持ちが楽になればよいなぁと思って居ます。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック