bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



生涯学習
寿命が長くなり、生涯学習が盛んになっています。

初めて介護屋の勉強をしたのは、もう10数年前のヘルパー2級養成講座でした。
1年の実務経験を経て、1級の養成講座を受講しました。当時は実務経験がないと、1級受講は出来なかったのでした。
加えて、都道府県限定の、精神障害者の方向けのヘルパー養成講座、身体障害者の方向けの移動支援の見做し認定等を、仕事をしながら、実務経験で可能に致しました。

今や、ヘルパー2級も1級も、介護支援初任者研修、基礎研修に置き換わり、無くなってしまいましたね。
ヘルパー2級、1級を既に持っている人は、その資格で仕事が出来ます。

都道府県認定の養成講座、旧支援費等の実務経験による認定などは、消えてしまいました。

私に残ったのは、ヘルパー1・2級の養成講座認定と、自立支援法の下で取れた、障害者総合支援法でも通用する、ガイドヘルプの実務経験による認定くらいになってしまいました。

1級でも仕事は出来ますし、今の仕事は無資格で出来る仕事なので、大きな資格は必要ないのですが…

今年は介護福祉士の国家試験を受験してみようか と思って居ます。
いわば、生涯学習です。

通信教育で勉強を始めました。
実務試験は、障害者の方の介護屋は受かる訳はないので、講習会を受講する事にしました。


で、久しぶりに介護屋の勉強のテキストを開いておりますが、10数年前と少し様子が違うように思います。
10数年前の介護福祉士、ヘルパーが勉強する事は、高齢者の方の為のスキルに限られていた思いがあります。
ヘルパー2級を受講したのは、丁度その頃、介護保険が始まっていて、転職したかった私には、何かの突破口になるかもしれないと言う気持ちからでした。

何故、障害者の方の為の介護屋になったか と言うと、初めて、ヘルパー2級で雇って下さったところが、知的障害者の方の為の今でいうところの、ケアホーム(当時は、地方自治体によるモデル事業で、重度知的障害者自立寮事業と言いました。一般にはそういうシステムが無かった時代です。)でした。

そこで働くうちに、色々やりたいこと、自分に満たしたい事などが出てきて、数か所を動き、最後にお世話になったところが、7年くらいかな?心臓を壊して重度の身体障害者になり、勤務に耐えられなくなった事業所さんでした。
体は壊してしまって、残念な気持ちはありますが、そこでの仕事が私にとっては、やりたかった最大の仕事であり、ある程度までは責任も持つことが出来て、もう少し体がもってくれていたら、と今でも残念に思います。


しかし。壊れてしまったものは仕方ないですしね。


今さら、なんで、介護福祉士かと言うと、生涯学習です。
もっと言えば、今の職場で、国家資格である、正看護師が、私たち無資格でも出来る看護助手に指示を出しているのかと思って居たら。
ほとんどのナースと呼ばれる人たちは、准看護師だった事実があります。

正看護師は正看護師で認めますし、准看護師は准看護師で認めます。
が、准看護師の先輩の方が、若い正看護師の方よりも威力と言うか、発言力と言うかが、強かったり、正看護師・准看護師区別なく仕事をしていたりすることに大きな疑問を感じています。

生命にかかわるような救急医療センターではないから なのですが、准看護師でも何事なく日々の仕事は流れて行ってしまうから…

精神科スキルが准看護師の方でも、内科勤務の正看護師の方よりも高い事は十分承知しています。


看護師さんは病院で患者さんが疾病を治すのを手伝う仕事ですが…
精神科と言う特徴上、介護福祉士・精神保健福祉士・ケアマネージャーなどとの連携が不可欠ですけれども、彼ら(看護師さん達)は、全ての介護屋をひっくるめて、『福祉の人』と呼び、全部いっしょくたなんですね。


そのあたりに介護屋の私は強く疑問を持っています。仕事には介護福祉士要りませんけれど、ヘルパー2級、1級、介護福祉士と来ますが、介護福祉士だけが国家資格です。
ヘルパー1級は、いわば、准看護師の様な物ですから、介護福祉士が欲しくなってきたのです。

今の私は実務経験での受験資格しかありませんので、今年度、来年度受験して、ダメでしたら、もう手段は無くなります。
それで受からなければ、まあ、そこまでで良いかなとも思って居ます。

勉強した事は無駄にならないでしょう。


無駄になったお勉強もありました。
私、介護屋の事務職がしたくて、医療事務と介護事務の職安の講座に行ったことがあります。
それに行った事で、失われたことも沢山ありました。
現在、学習した事は、一般常識よりは少しましに知っている程度で、介護事務の仕事につくだけのスキルにはならなかったので、無駄でしたと言う事でしょうか。

職安の講座でやる事は、『とりあえずこの講座を修了しましたよ』と言う意味しか持たない と後で、就職担当の方々から大いに言われました。就職の際の武器にはならないのだ と言う事でした。

時間と経費が結構掛かり、就職の際の必要だから、と無理やり背広を買わされたり、散々な思いをしたので、もう職安の講座にはいかないと思います。介護屋系統は、ヘルパー2級程度の講座しかありませんし、持っているものが又受講する事も出来ませんし。


と言う訳で、大手の通信教育会社の講座受講を思い立ち、今は休みの日等にせっせと勉強しています。

10数年経てまた、お勉強に戻ったら、多少ですが、『高齢者only』から『支援を必要としている人全て』を見ての教材になっているので、多少は障害者の方の為の介護屋が受験する意味があるかもと思って居るところです。


手話のボランティア講座にもしばらく行ったのですが、働きながら行くにはちと負荷が高すぎて失礼してしまいました。
手話、やりたいんですけれど。


若いころ、ネイティブのアメリカ人の方ご夫婦(旦那様は日本人で、アメリカ放浪10数年でぺらぺら。奥様が、ネイティブのアメリカの方)に、英会話を教えて頂いたことがあります。30年以上前のことですね。40年近いかな?
子供の頃に覚えた事は、年を食っても何とかなるもので、今でも、簡単な道案内くらいは出来ますし、外国旅行に行けば、滞在中困らない程度はうろ覚えですが、何とかなります。

もう少し若いうちに、養成学校を出ただけで(指定科目のある大学とかね。)介護福祉士が取れる時代に大学に行っていれば とも思いますけれど、私は法学部法律学科卒業なので、全くリンクせず、社会福祉主事任用も出来ませんから。


法律屋になるつもりは余りなかったんですよ。
親父が法律家でした。
その家庭で育ったので、何気なく法学部法律学科に行っちゃったんですよね。
法学部法律学科を卒業したところで、親孝行はやめてしまいました。
だったら、行きたい大学に行けばよかったでしょうと言う事なのですが、当時、福祉の大学などはなかったように思いますし、少なくとも私が行った大学にはそういう学部はありませんでした。(今はあります。時代が変わったからです)

と言う訳で、生涯学習中 と言う事なのです。


スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック