bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



お金の話
儲かって儲かって、何に遣えば良いか判らない、と言う幸せなご家庭は、やっぱり羨ましいですが。


障害者同士が夫婦、と言う家庭は、余り儲かって、何に遣えば良いか判らないご家庭の話は聞きません。

我が家は年金のお蔭で、なんとか凌いでいますが、私がもう正社員の様な働き方が出来ないので、家内には心配を掛けています。

私は庶民としては裕福な家庭に育ちました。父親はお金で解決するタイプで、若い頃は将来、こういう夫にはなりたくない、と思いましたけれど、あれこれやりながら、母親とはうまくいっていたと思います。

父親はカネは出すから、自分で買ってこい、やら、カネは出すから、子供(私)が大病しているのに、タクシーで医者に連れていけ(2ヶ月くらい、毎日母親がタクシーで通院してくれて、助かりました)とか言う様な人でした。



母親が父親の稼いだものを、父親名義で、せっせと小銭を長年貯金して、億単位の預貯金をいたしました。

父親は慌てて20年連れ添った配偶者には無税で贈与出来る制度を利用して、母親に名義を移した事でした。
私の実家は自営業なので、母親は専従者でしたから、母親名義の給料を、せっせと父親名義で貯金していた訳です。


気持ちは判りますけれど。昭和一桁の夫婦でしたから。


父親は自分が先に他界するつもりで、合法に出来る制度を使って、かなりの金額を母親名義にしていたら。
母が他界して10年は経ちますので、一度母名義に税金を払ってしたものを、今度は相続税等を払って、法定相続にしたみたいでした。


家内の家庭は、母親が早くに他界したそうで、父上は、まあ、色々やらかしてくれた方なのだそうです。


金銭感覚にかなり差がありますよ。私達夫婦は。

家内は必要なものの値段を足していき、ほら、幾ら足りない、私が稼がねば、と労働を禁止されているのに、ただただ焦ります。

勿論、体調は悪化しますので、とても銭かね稼げる状態じゃありません。


私は足し算しないんです。回れば良いので、年金支払日には同時にまあまあ身の丈程を先取りで貯金してしまいます。


今は障害者って、見えないところに凄いお金が掛かりますので、毎月幾ら、と決めてある貯金は、偶数月しか落とせません。予定の半分しか貯まりませんが止めたら貯金が無くなってしまうので、半額にしたと思えば良い、と思い、そのまま継続しています。

しょっちゅう夫婦して、残高-になるのですが、数ヶ月すれば、とんとんになりますから、私は気にしない。事実、怪しいけれど、回っています。


使い方も夫婦して、少しはうまくなりました。


一番経費が掛かるのは、車と家内の医療費かな。

家内の医療費は3割負担がほとんどですから。

車は私1人なら手離せますが、家内が動けない事が多いので、どうしても手離せません。家内が生活出来なくなります。

駅前にいるので、バスと電車で大抵の場所はなんとかなるのですが、田舎なので、大抵のお宅には夫婦親子それぞれが車を持つ様な土地柄でもあります。

家内は病の為に免許証は持っていますが、運転は無理です。講習等に行かないと、ぶつけたくらいでは済みません。

私達は事実婚姻なので、家内が事故をしたら、保険も降りませんし。


とかなんとか言いながら、年金とパートタイムで、やっと暮らしています。

それでも。カネ。カネ!カネ!!ではなく、なんとか生活出来て、家内もある程度慣れてくれているので、助かります。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック