bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



女性専用車

通勤時間帯に、スターバックスに、期間限定の飲み物を飲みに来ました。地域では、電車の乗り継ぎになる、この店舗にしか残っていないんです。

ラッシュアワーの電車には乗れません。詰め込まれますから、どなたも不快と思いますが、心臓切ってる重度の身体障害者には無理です。


普段の通勤は、下り方面で、乗り継ぎですが、1路線は最大で2駅です。

時間帯も、一般的なラッシュアワーより、30分以上早いです。


上りにならない様に、長く乗車しない様に、勤務先を選ぶからですね。


今日は上り方面の店舗で、早朝でないと売り切れてしまうので、しっかりラッシュアワーに電車に乗りました。

女性専用車です。


男性でも『お身体のご不自由な男性とその介助の方小学生以下の男の子』は、乗車出来るのです。

ラッシュアワー真っ只中でしたから、女性専用車も混雑していましたが、一般的な車両よりは、ずっとましです。


しかし。


車内アナウンスなんとかならんのでしょうかね?

優先席では、電話の電源を切れ、は、しつこいくらい放送します。

女性専用車がついている車両では、男性は遠慮しろ、とも、時々言います。

男性でも弱者は乗って良い、はアナウンスされるのを聞いた事が私はありません。

案内は、女性専用車になる車両に、小さな小さな文字で掲示があるだけです。

車椅子や杖、白杖の方、見て解る方だけを想定しているのでしょう。仕方無いのですが。

身体障害者の3割ちょっとは、内部障害者なんです。内臓が障害されていると、見えないですが、健康が阻害されているので、一般的なラッシュアワーの車両に乗れない方も、見える障害の方と同程度はいるでしょう。

見えないと、私の様に、障害者マークをぶら下げるしかありませんが、何年もマタニティーマークをつけている女性ってあり得ますけれど、同様に健康なのに、痴漢目的でぶら下げている、と思うのか、凄い眼力で睨み付ける女性もありますし。

実に利用しにくいです。

乗れないものは乗れないので、利用させて貰いますが。

精神障害者、知的障害者の方は、対象外?精神障害者の方が早朝。通院の為に仕方無く女性専用車に乗らねばってあると思います。

知的障害者の方でも、通勤されている方ありますし、内部障害者ではないけれど、障害起因で、健康が阻害されている方もあります。
『』で引いた文章は、句読点がなく、対象者がはっきりしませんし。

付き添いが必要な女性の身体障害者に付き添う男性介助者は、乗れる?締め出し?

締め出すと、その女性の身体障害者の方、必要だから、ラッシュアワーに電車に乗るのに、介助者使えなくなり、乗れません。


電波障害の間違った情報を撒き散らした事も、電車会社困りますが、障害者で重くても、働かなくては生活出来ない人がほとんどなのに。


なんとかならんのでしょうかね。本当に困ります。
スポンサーサイト





コメント

そもそも、女性専用車両にどんな者が乗れるか乗れないかなんて悩む必要はないんだよ。
女性専用車両は「どんな乗客でも乗れる」から。

実際に男ってだけで乗せなかったりしたら、法に触れるおそれがある。
だもんで、鉄道の監督省庁は女性専用車両を「男が乗車しないことを強制しないように」と各鉄道会社へ指導しているし、それを受けて各鉄道会社は女性専用車両を「任意協力」という扱いにしている。

要は乗らないも乗るも乗客本人の自主性が大事ってこと。
鉄道側は乗車をしないよう「お願い」はしても、最後は自分自身の判断に任されていて、それに従う必要は全くない。

だから、見た目に障害があるとか無いとか、障害者の介助者はどうとか、細かいことをイチイチ考えなくていいんだ。
全くの健康体だって、乗りたきゃ乗っていいんだから。

周りに睨まれるのはイヤだろうが、世間の大多数は女性専用車両の「ホントの事情」を知らないのだから仕方ない。
何とかしようっていっても、ちゃんとそのことを周知しない鉄道会社に文句をつけるぐらいだが、いくら文句を言ってもやろうとしないしね。
[2014/05/09 13:36] URL | #- [ 編集 ]

ご意見拝読いたしました。
貴重なご意見ありがとうござました。

法的な根拠を問えば、どんな事も同じになるかと存じます。
スーパーマーケットの障害者用駐車スペースに、大きな高そうな舶来の車が長時間止まっているのは、ありふれた光景ですね。

善意の成り立たない社会は私は好みませんが、法的な規制がなければ宜しいと言うこともまた、悲しいですが、事実でしょう。

ご意見大変参考になりました。
[2014/05/09 15:40] URL | 鷹山あきら #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック