bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



いいんだろうか?
現在、症状が重く、妄想などが日常的に出ている方を、その方が退院したいと言うから、と、無闇に退院させて知らん顔、はダメですよね。

当たり前ですけれど。

先日、見る事を禁止されてはいないけれど、看護助手が見る事はめったにない、看護日誌を見てみました。
ちょっとだけね。仕事の合間ですから。

看護師さんには受け持ち患者さんがあります。
看護計画?と言う様な物を作成して、それに沿って看護していくようです。
介護支援計画の看護師さん版でしょう。

で、ある妄想がひどく、統合失調症が治らないで出たり入ったりしているのかな?と思える患者さんのを少し見たんです。
看護計画には『妄想に左右され、安定した病棟生活が難しい。その点に配慮して、安定した療養生活が出来るように支援していく』と書いてありました。

看護師さんですから、治すのはお医者さんですよね。
治す とは書けないだろうと思います。


妄想、思い込み、自分だけの空想の世界、何でも良いですが、その手のものが出るには、必ず背景があるはずなんです。
妄想が出る方も、その妄想な訳で、違う妄想にはならないんです。
私は医師ではありませんから、妄想と背景の関係性については詳しくない素人ですが、精神障害のある方、安定した病棟での療養生活 じゃないと思います。

家内の主治医が良く言う言葉に『入院は非常識だ』と言うのがあります。
家内は別の病院に今は通院でお世話になっていますが、1か月ほど前まで、2か月弱入院していました。

その病院の主治医が言うのです。
意味が分かるように思います。

入院していれば、どんな非常識な事をしても、許されます。
一日中寝ていようが、風呂に一か月入らなかろうが、整容身だしなみをしなかろうが、一日中寝間着でいようが、誰も咎めません。上げ膳据え膳の生活で、家庭生活も社会生活もありません。

そんな生活は非常識ですし、その中に長くいると、家庭生活からして営めなくなります。
現実に4か月半入院した初めての入院の直後、家内はそんな状態でした。



お医者さんは病気を治します。
看護師さんは、その後方支援をしますよね。
私たち、看護助手は、看護師さんの後方支援をするはずです。

ところが、看護師さんが、『安定した入院生活が送れる』と目標しているのは、どうも私にはなじめません。
妄想が出ない為に、又は、出ても病ですから当たり前なわけで、その際にどう対応して出にくくしていくか 等を、看護師さんって、範疇じゃないのかな と不思議に思います。


患者さんが貰う、入院計画の様な物は家内もいただきました。
服薬調整で、1ヶ月か2か月の間を見込んでいる。
その後は退院して家庭生活に戻る様にする。

の如きことが書かれており、2か月経ったら、少々服薬調整がうまくいかなくてもとにかく退院。
いつまでも『依存的な非常識な』療養生活をさせない と言われておりました。

そうなのです。ずっと入院させていて、色々な事を禁止しているだけでは、その方、能力が落ちるだけなんです。

統合失調症を発症されたのが、35歳の時、その後29年間入院中で、今年64歳 と言う方がおいでになります。
発症してからずっと病院にいて、その間にご家族などは離散され、戻る家もなくなり、帰省も出来ない と言う方です。

私の配属先の病棟には、『戻る家がない』方が、70%くらいはおいでになります。


先日は、ある方に従兄弟さんが面会に見えました。
遠路はるばる飛行機使って見えたんです。
良く事情を聴くと、『○○さんのいとこで、中学校の校長先生をしている。○○さんの両親は他界していて、相続財産として不動産・預貯金がある。いとこさんは、○○さんの保佐人をしたい。なぜならば、ゆくゆくは○○さんの相続を完了させて、両親が残した不動産に住まわせ、○○さんの他界を待つか、了解を得て、その財産を自分が貰いたい』と言う事なのだそうで。


もう、最近、開いた口が塞がらない話が多くて、それにびっくりしない先輩方(看護師さんでも、看護助手さんでも)が多くて、退院の支援、退院後のフォローの話は出ないし、仰天しているんです。


いえね。支援とか、サービスとかには限界がありますよ。
ご本人やご家族が何かアクションを起こさない限りはどうにも出来ない事も沢山あります。
医療制度も介護制度も、全部税金がかかわる事だから。


ほとんどの方は、生活保護だけで生きています。
入院費用も国から、小遣い銭も国から、病院内で、患者さんが現金を使うことや、小遣いの使い方を算段する事はありません。
出来る方には現金を持っていただく事はありますが、出来ない方に支援することはなく、全部当院は伝票です。金銭感覚が無くて生活できちゃうんです。
住まいは病院の住所になっていて、住民票が病院の場所にある方沢山います。
別の場所になっていても、野宿生活をする前の住所がそのまま とか、(不定)と書かれていて、実際にはその場所を居所ともしていなかった方とか、自宅が定まっていない方が、私の病棟にはたくさんいます。


そうです。
『退院先がない』のが当たり前の病棟なんです。


ない物は仕方ないですが、障害者の地域生活支援に結びつける気はないのかな?っていつも思います。


私は看護助手と言う立場の、実際は掃除夫ですから、私がとやかく思っても、お国の制度や病院の方針等がどうなるものでもない事は判ります。
看護助手って、掃除夫じゃないんだけど、そういう病院もある訳で、私が選んだ病院はたまたまそうだった と言う事ですよね。


介護屋の経験はみて貰えないので、色々腑に落ちない事があるけれど。

やっぱり患者さんが年単位で入院するのが当たり前で、入れ替わっていかない、薬以外の医療支援が行き届いていないことを痛切に感じます。


と言って、『有資格者』とは、看護師資格のある人の事かと思って居たら、ほとんどの『自称看護師』の方たちは、ほとんどが『准看護師』でした。看護師の補助的な意味合いしかない方たちでした。


私も食事介助やら、入浴介助やら、退院後の暮らしについて意見を持つ等の点においては、『有資格者』だと思って居ますが、介護屋視点の有資格者 では医療現場では通用しないので。


妄想の出ている方に、医療のプロなら、何とか出にくいように、退院できるように、支援しないのはなんでだろう?と毎日思いつつ、与えられた掃除夫を一生懸命しております。


求められている事が出来なくては、その病院を職場にすることは出来ません。
その点は頑張っていますけれど、ちょっぴり悲しいかも。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック