bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



なかなか納得できない事
私の職場は、精神病院で、私は看護助手です。

わかっているのですが、元介護屋はなかなか割り切れぬ事が時々あります。

病院は病気を治すために入院するところでしょう?
治して退院してもらうにはどうすればよいか、考える係の方があるはずだと思いたいのですが…
私の病院にはおられないようです。

週末の間に、ある退院された方が、再入院されてきました。

外出に行かれて、深夜に実家に戻られて、そのまま退院してしまった方でした。
お父様からご連絡があって、『これから働くようにさせるので、このまま退院させます』と言う様な事だった と聞いています。


それから半月くらい経った、先週。
○○さんが再入院するそうです と申し送りがありました。
看護師さんたちは、『お父さんの手に負えなかったのでしょう』『病院でしか暮らせないのに無理やり退院させたからでしょう』等と言っておられました。

週末の間にその方、再入院されて、今は暴れてしまって危険なので と言う事で、体幹と四肢(全部ですな)を拘束して、点滴で薬を入れています。(見た訳じゃないです。私は保護室には入れないので)なぜかと言えば、薬も吐き出し、食事も摂らず、水分も吐き出し と野獣のような状態になられているから だそうです。


確か、聞いた話では、ガスか、シンナーか、あるいは、薬物等の中毒が元で、精神症状をきたした と言う事ですけれど、入院中は、それなりに穏やかに生活されていました。
たった半月で、野獣になるんだろうか?
人柄も豹変されているそうです。

精神病院に2回入院した家内に聞いてみると、『ありうるよ』との事。

確かに在宅されていた半月は、多分、薬も服用されていないし、ひょっとしたら、ガスだの、シンナーだの、薬物だのに走られたかもしれないし、判るような気はするのですが、判らない。


いくら、親御さんが強引に退院させたから と言って、生活支援何も入れないのでは、あっという間におかしくなるだろうことは目に見えているから。


ここが介護屋視点なんです。


家内の最初の退院時には、かなり強引に、私が生活支援を入れました。
入院中には、手帳を取り、障害年金の申請をして、入院中に手帳の発行は受けました。
自治体の障害者福祉課に相談に行き、認定調査もして貰うようにしました。


かなり低い障害程度区分でしたが、取る事は出来て、翌年は私が心臓切りましたので、私が退院してすぐに、認定調査を再度してもらい、どうにかヘルパーさんを入れる様にもしました。


でも、こんな事をする家族は、私が介護屋だからであって、『根性を入れ替えればすぐ働ける』みたいな話、あちこちで聞きますよね。

それから、在宅している方でも、入院何十年の方と同様の方があり、ご家族様は『明日朝が来たら、治っているといいんだけど』と言う風で、諦めて放置なさっている と言うケースも山のように聞きます。


それを何とかするために、相談支援計画が義務付けられているんじゃないの?
精神科特化の訪問看護ステーションがあるんじゃないの?

と思います。

私の勤務先の病院にも『地域支援室』がありますから、訪問看護はやっています。
医師が無理やりにでもせめて、訪問をつけなかったら、病識のない親御さんと、患者さんでは、大喧嘩の挙句云々 と言う事にしかならないです。


と思うと、私には今、求められていない事は判っていても、介護屋魂がくすぶります。
燃える訳にはいかないので、不完全燃焼です。


何か出来る事はないか と思いますけれど、たまたま、師長さんがミニ研修を看護補助者になさって、内容をよく読み、聞いたら、ちょっと困ってしまいました。

『その方らしい個別性のある看護』と言う項目があったのですが、例えば と例を聞いて、申し訳ないのですが、介護屋がっかりでした。今は介護屋じゃないから、仕方ないのですよ。


『○○さんは、いつも怒鳴っている。でも、○○さんは怒鳴っていないと生活できない方なので。怒鳴っていても快適に療養生活が出来る様に、家庭に戻してしまって、社会的なトラブルが起きない様に、いつまでも快適に入院して頂くために、あなた方、看護補助者の方の力が必要です。』だそうでして、退院して頂くこと、地域で生活して頂くことは、看護レベルでは考える事が無い様なんですね。


介護屋の女房で、精神科の入院患者でもある家内は、冷静です。
求められることが違うのだから、仕事は仕事で割り切らないと、自分も困るし、職場も困るよ と申します。
家内、正しいです。


それがね~。それで納得できればいいのですが、納得はできないんです。
仕事は仕事で求められていることしますけれど、それが少しでも患者さんの心を開き、社会に戻りたい、地域で暮らしたい、ずっと入院生活は嫌だ、そのためには何をしたらよいのだ?と言う流れになってくれると良いのですが、私一人の心のうちでそういう事を思ったとしても、それは実現性がない。


介護屋に戻ればよいんですよね。
戻れません。
心臓切っている最重度の身体障害者が、障害のある方の為の地域での支援をするには、それなりの健康と体力が要ります。
それはもう私には戻ってこないので、介護屋には戻れません。


ふう。


私がヘルパーさんを使いたい状態ですから、無茶は出来ません。
無茶をしたら、家内が路頭に迷います。



障害者が障害のある方の介護屋 って、困難なんです。
私としても困難ですし、雇う方は、障害のない人が、障害のある人をサポートする と考えますから、障害がある時点でシャットアウトになるんです。


何か良い方策はないでしょうかね。
何かあると良いのですけれど。
いつか見つかる様に、今のスタンスで出来る事をしませんとね。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック