bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



薬を減らしたせいかなあ?
昨夜は指先あたりがぱっくり割れてしまい、出血が止まらなくて、往生しました。又、今夜割れてしまって、又出血しています。


ワーファリンはトロンボが不安定になるので、処方通りに飲んでいます。

怪我が出来ないのは、本当に厄介です。


そっちの薬ではなくて、先日、精神薬をほんの少しだけ、主治医と相談して減らしました。ごく僅かに減らしただけです。減らしたのは抗不安薬。1錠を半錠にしました。効果の長い薬なので、減らしてまだ数日ですから、不安定になる筈はないのですが、ちょっと怪しいです。


凡そ世間に、天職だ、と言う仕事を不満、不満足なく、毎日充実感に満ち溢れて働いている人は、ごく僅かだろうと思います。


私は精神疾患の既往症がありますが、酷かったのは、20年近く前。最近は余程の事がない限りは、再発防止程度の薬と、主治医との会話で、何とかなっています。


私にとって、精神科の看護助手は思っていた仕事と、かなり様子が違いまして、なまじ介護屋が長く、天職であった為に、納得がいかない事がそろそろ出てきました。


私が現在している仕事に、私1人が介護屋の視点を持ち込むと、現場が乱れる事は、とても良く判ります。

そつなくこなしている先輩を見ていますと、病院全体の、精神医療への姿勢やら、トップの方々と、現場の温度差や、私自身の精神医療への思いやらが混乱してしまいます。

主治医は私の思いを理解してくれますが、私は主治医の部下ではありません。


失敗もまだまだする時期ですが、本日もアドバイスを受けたと言うか、叱られたと言うか、判断しにくい事がありました。


幾つかの事柄で、患者さんが苦情を言ったり、逆上されたりしたのですね。


犯人は私でもありますが、そうも言い切れない部分もあり、しかし、患者さんは、私を嫌っていたり、で、困っています。

1つの事柄で、患者さんが逆上したのは、上の方が別の話を持っていくタイミングが悪かった為だろうな、と感じます。


知的障害者の方と、精神障害者の方が決定的に違う事がありまして。

知的障害者の方で、かなり重い方への支援者を長くしていましたが、ある方向からやって、うまくいかなくても、時間をかけてアセスメント等を整理していくと、その方の理解が得られると言うか、うまくいく方法を探す事が出来るケースが良くあります。

重い知的障害者の方は、普通の生活を自分で送った経験がない事が多いので、口であれこれ説明するよりも、その方が自然にうまくいく様に、遠回りしてやってみると、時間は掛かりますが、解決する事が多くあります。

それがその方への自立への支援になっていきます。


精神障害者の方は、正常だった昔を必ずお持ちです。出来なくなっている事は、なかなかご理解いただけません。

なので、プライドが高く、難しい人になっているケースが良くあります。


自立を考える時、退院して、地域での生活を考える時、そのプライドを取り去って、医療と支援を受け入れる様にして差し上げる事が必要ですが、私の仕事場は、医療現場ですので。


地域生活への移行をやるところではない訳です。


求められる事柄が、拗れたプライドの撤去じゃないですよね。
すると、あの患者さんは、この事柄に拘りがあるから、その部分には触れずに、狂乱を防ぎましょう、になります。病院ですから。

その拘りと言うのは、精神障害からくる、不安の表れでもあるので、不安を取り除く事が必要だと思いますが、それは生活支援としてではなく、薬を調整する事で行われます。


悪い人は誰も居ないのですが、介護屋はなかなかそれに馴染めません。


困りましたね。


家内に話すと、仕事場で求められる事が違うのだから、気持ちは判るが仕方無い、と言います。

家内、合ってるな、とも思うんですけれど。


薬を減らした為に、度量が狭くなったとは言えないのですが、うまくそつなくこなせないのは、大いに困ります。


愚痴になりました。

明日は休みです。1日ぽーっとしていようと思っています。


患者さんの事を考えていない職員さんは、少ないでしょう。

判っていますが、やってあげるやら、ダメ!やら、ビックリする事は毎日ありますよね。


病院である為に、まず重視する事が効率である事に、一番馴染めないでいるのかもしれないですね。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック