bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



時代が変わっていない理由
私は介護屋ですが、現場経験はあるけれど、資格はありません。ヘルパー1級です。


なので、言えた義理ではないのを承知で書いちゃいます。

他の病院は知りませんが、当院の看護師のほとんどは、准看護師でした。

時代を感じました。
准看護師が沢山いたのは、どのくらい前でしょう?

現在も准看護師養成があるのか、ないのか、私は知りません。ヘルパー1級は、もう取得する事が出来ませんが、仕事は1級として出来ます。

准看護師さんも、少なからずそんな存在じゃないのかな?と思うのですが、どうないのですかね。


准看護師が八割以上なのでした。それは経験で補えるものだと思いますが、反面、時代遅れが当たり前になりがちな事かもしれません。


少し小銭が貯まったら、介護福祉士取ろうか、ちょっと真剣に考えちゃいます。
介護屋として、生計を立てるには、障害者である事は、大変ネックで、身体ももたないと思います。今の様な働き方をする限りは、介護福祉士は不要です。

まともな職場で育てて貰ったので、あと10年くらい、定年くらい迄は、まあまあ介護屋としては、ついていけるだろう、と思うけれど、いつか時代遅れに私もなります。

だって、介護屋の現場から、離れてしまったから。


いや、でも、病院全体で、八割以上が准看護師には慌てました。

定年間際、延長、の世代の准看護師さんが多く、助手はそろそろ70歳?と言う方が大半です。


数年前から改革をやっているそうですが、医療と介護が同列になければ、病や障害者の方は社会に戻れない、と考える私には、随分ショックな事柄でした。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック