bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



自動血圧計
病院もいまは、自動血圧計の所が多いですね。
ロビーに置いてある、大型の自動血圧計を使った事がある方、多いと思います。
医師も自動血圧計を使う方があります。

色々理論はあるのでしょうけれど。

自動血圧計(ロビー等にある、患者が自由に使う為のもの)で、血圧が安定しなくて、もしくは、自分の思い通りにならなくて、何度も測り直しした方も多いと思います。

医療用の(家庭用じゃなくて)自動血圧計は、かなり優秀です。
私も循環器に毎月行くときに、診察室に呼ばれる前に、自動血圧計で測って、印刷した紙もって診察室に入りますが、主治医の先生が測って下さったのとまあ、同じ値になります。

たかが血圧ですけれども、循環器の医師の血圧の測り方は、凄い精度とスピードなんですよ。
私の内科の主治医は、とても丁寧に測って下さいますし、精度高いと思いますが、スピードはさすがに循環器の医師にはかないませんね。



で、家庭用の血圧計(電動の)の使い方を、以前に書いたことがあるような気がしますが…


今回は、医療用の大型自動血圧計です。
あれでエラーが出る方は、申し訳ありませんが、かなりへたくそですけれども、正しくはかれていない方、結構おいでになります。診察室で医師に測ってもらう値とかけ離れる事が多い方は、使い方の説明書きを見てみて下さいませ。
正しい測り方が出ております。



ところが。

個人医院などではスペースの問題もあって、正しく計測できるように設置してない事が多くあり、かつ、医師の方が、血圧測るに余り関係ない分野だったりすると、自動血圧計で測るだけ と言う事もありますよね。


循環器系統の医師の方、いわゆる内科の医師の方、(普通の個人の内科のお医者さんですね)は、普通は、水銀系で測ると思いますけれど、機械好きな医師の方もあるでしょう。

少なくとも、循環器系統の病院には、患者さんが正しくはかれる状態で設置がしてある と思っていただいて構わないかな と感じます。で、説明書きを良くお読みください。正しく測るには、こういう風に測って下さい と書いてあります。

その通りに測りますと、自動血圧計は精密です。

値が定まらない、思う通りの値が出るまで何度でも測り直す は、ちょとね。うまくないでしょう。
満足する値がたまたま出るまで、数分間も測り直している方がありますが、意味がないので、あれ?と言う値が出たら、15分おいて、又、正しい測り方を読みながら、測り直してみて下さいね。


スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック