bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



精神病院の老人保健施設化
大昔、間違って、老人保健施設に勤務した事があります。私には不向きで、以来、高齢者の方への仕事、施設の仕事はしていません。


最近、精神病院に勤務していて思う事がちょっとあります。

我々はカルテは見られないので、患者さんの病名は判りません。

新規入院の方だと、申し送りで一度だけアナウンスがあるので、少し判ります。


拗れた認知症の方が、老人保健施設から送り込まれて?来ますし、明らかに精神症状顕著で、攻撃的になりやすい認知症の方もあります。

アルツハイマー型認知症、と病名が書かれた看護日誌の表紙は見た事があります。


背景があるんです。


病院→老人保健施設→グループホーム、自宅、等の地域居宅

これが介護保健の建前です。


実際上は老人保健施設は、特別養護老人ホームの順番待ちとしての機能になってしまっています。

特別養護老人ホームを沢山建てる!と、どこかの知事?政令指定都市?の市長さん?が、選挙で勝った事がありましたね。


以前は4つの老人保健施設を3ヶ月ごとに回っていれば、何年でも、特別養護老人ホームが当たる迄、家族は高齢者の本人さんを、預けて置けたそうです。


3ヶ月で介護報酬がガクンと下がるので、たらい回しする様です。


それが在宅に戻せ!の役人の鶴の一声で、移った先が老人保健施設だと儲からない様になったらしく。


老人保健施設=介護保険
精神病院=健康保険

なので、抜け道化してるんでしょうか?


精神障害者の方の施設や、共同ホーム、又は救護施設からも患者さんが度々来られます。


住所がない方、住民票がないと言う事らしいですが。おられます。

仕方無く、病院を住所にしている方はかなりいます。
近隣の精神病院間でのたらい回しもあります。


勤務先のたらい回しグループに、家内の入院先は入っていないらしく、この間のたらい回しはない模様。



箱と資格で人の暮らしは成り立たないんだけど。



で、ボスだの、効率ばかりだの、病院なので、介護職がいない、だの、様々あって、病院に住所、住民票があるんでしょうか?

5年10年の入院、当たり前、の病棟らしいのです。私の配属先は。


他の病棟は違うのかな?


でも、開放病棟には、何10年住んで?いる患者さんばかりがいます。

まだまださっぱり判らない鷹山でありました。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック