bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



困った先輩が年度末で異動します
ベテランと呼んで良い勤続年数の方の様ですが、古い古い価値観と仕事の仕方の方が、二人います。

いわゆるツートップで、私も含めて、特に新人と呼べる仲間は、振り回されています。




片方の方が、年度末で異動します。助かるのですが、今度はもう一人の方の独壇場になってしまうので、ご機嫌を取る羽目になるのも、困りますね。


看護助手と、看護補助って、正式には仕事が違う?のですかね?募集は看護助手だったのですが、看護補助が勤務先での私の正式な立場みたいです。




昭和30年代からある病院で、4~5年程前から、職員の意識改革を進めている、と、面接の時に良く言われました。


実際上は、働く1人1人の意識が根底から変わるものではないですから。


先輩も看護師さんに成り立ての、若い若い看護師さんが入職されたら、若い看護師さんの指示の下に仕事せにゃならんのだけど。


看護師そっちのけで、看護助手の中での上下関係で仕事がなされていますなあ。
患者さんは、かやの外に居そうです。


長年積み重なったものを動かすのは、これは私が何かしても変わらない。


精神障害者への支援が情実しないのは、昔をそのまま、と言う事から離れるのが、困難だからだろうか?


家内の入院している病院は、隣で、私には芝生が青く見えますが、家内に聞くと、同じ様な事はあると言いますしね。


精神障害者の人は、何をどうすれば、社会の中で、必要な支援を受けて、穏やかに暮らせるのか、考える事が難しい方々です。

介護屋が必ず必要だと思うのですが、私が知る精神病院には、勤務先も含めて、介護屋は居ません。


国の決まりなんだと思いますが、なかなかどうにもならん事柄です。


チームを乱すのが目的じゃないですし、出来る事は少しずつやってみたいと思うのですが。


独壇場の方、ホントにベテランですが、天下を取ってしまってます。

やりにくいかも。ボスが1人でも。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック