bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



彼岸中日ですね
お中日なんて昔は言いました。今は彼岸の当日、みたいな感じかな?

家内と一緒になった当時住んでいた賃貸が、公立霊園の参道にありました。

大家さんが一番上の階に住んでいるご家庭の、おばあさまで、賃貸経営を知らない方でしたから、今のところに買ったのです。


それはさておき、霊園の参道にあるのと、管理者が管理していないのとで、相場の半額少しの家賃でしたね。

なんやかんやと小銭をあとから毎月取られましたが。


彼岸と言えば、墓参りでしょう。賃貸の頃も、駅迄3分だったので、彼岸の頃は鉄道の小さな敷地に屋台が出たりして、賑やかでしたよ。


私の母方の墓は、循環器の病院の駅の、病院とは反対側にあります。母は父と母が地元に買った墓に居ます。

父は多分存命だろうと思いますが、縁が切れているので、確かではないです。兄弟姉妹が居ますが、そちらとも絶縁なんで、判らない。

父方の墓は、地元ですが、別の寺にあります。父はその寺に墓を買うのを嫌ったみたいです。

いわゆる本家の墓があり、親戚、ご近所、皆様居ます。


月命日等、昔はどうでも良い時にも良く墓参りはしましたね。イベントでもなんでも無かったです。


我が家には、いわゆる仏様はいないので、仏壇の類いもありません。家内の部屋には、神棚風の一角が作ってありますね。出身地が神道が盛んな、有名な観光地だから、みたいです。

私は似非クリスチャンで、正式な洗礼を頂いた、カソリック教徒ですが、ちょっとした飾り物が机の上にあるだけです。

鞄には、必ずいつも、ロザリオは入れてあります。


信仰と習慣とは必ずしもリンクしないので、昨日は家内の面会に、『おはぎ』を買って行きました。

夫婦して甘党。


春の彼岸って、『おはぎ』じゃないでしょ?『ぼた餅』『牡丹餅』ではないですか?


萩の季節、花が咲くのは秋だと思うのですが、違いますか?

牡丹の花は春に咲くでしょ?


なんで、春の彼岸に『おはぎ』なのか、判らないまま、病室でささやかに食べました。


皆様も、お参りされたでしょうか?
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック