bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



風呂のお話
入浴の習慣って、家によって色々なんだそうですね。地域と言うよりは、今は家によると聞いたことがあるように思います。

関東の銭湯はカラン口があるそうです。だから、浴槽が真ん中にあって、周囲がカラン。そのカランから湯を出して、体を洗って と言う事のようですね。

関西の銭湯には、カラン口はないそうで、浴槽はやはり真ん中にあって、手桶で直接湯船から湯を組んで体を洗うそうです。

で。先に入るか、先に洗うか と言う永遠の水掛け論がありますよね。
我が家は、家内は、先に洗う派。私は先に入る派。
なぜかと言えば、お互い、育った実家がそうだったからです。

ぐずぐずしていないで、早く湯船に入りなさい と母に良く叱られたものでした。
今も身体障害者ですから、健康じゃないけれど、私が子供の頃は、まだまだ虚弱児等と言う言葉があり、私は典型的な虚弱児でした。

だから、風邪でも引くと、ぜんそく性気管支炎になって、重症になるまで、何をやっても(お医者さんには連れて行かれます。当時は子どもが風邪をひいたときの特効薬は、デポ剤でした。注射薬です)半月で直ればすごく早く治った方で、数か月等と言う事がざらだったんです。


だから先に風呂に入れたんでしょうかね?


父は、昭和初期にはかなり羽振りの良い職人の棟梁の長男に生まれていますので、自宅に風呂がありました。
母は、母の母(私の祖母)の時代は良かったようですけれど、戦後はそれほどでもなく、むしろ、戦後は落ちぶれていく家に育ちましたので、場所柄もあって、銭湯育ちです。



家内の父母はどうだったんだろう?聞いた事が無いけれど。
典型的な戦前の夫婦だったようです。良いとか悪いとかではなくて。



今の私は、どう入浴しているか と言うと、これがなぜか、洋バススタイルなんです。
普通のマンションのユニットバスで、家内と二人で入れます。
風呂場で転倒されたり、意識失われたりしてはかなわないので、大抵は一緒に入ります。
安全と家内の清潔保持の為にね。(鬱病の方、風呂が面倒くさいと思う人が非常に多いんです。病の為ですよ。)


一緒に入っていながら、家内は洗ってから入ってくるでしょう?
私はぼーっと入っています。
家内は長い間は入れなくなっていますので、先に出る事が多かったですね。
退院してきたら、判らないけど。

で、家内が洗って、湯船につかって、出て、と前後して、風呂桶の中で、私は洗っちゃう。
で、風呂桶を洗って、出て来るわけです。

いつから洋バススタイルになったのかは覚えていませんが、一人で暮らすようになってからだと思います。
家族がいたら、最後に入らないとならんでしょう?


皆様は、毎日のお疲れを、風呂でどう癒されるのでしょうか。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック