bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



水中毒
聞き慣れない方もおいでかもしれません。


昨夜、病棟で、水中毒で意識混濁迄いってしまい、看護師さんが大変ご苦労された患者さんがあったそうです。


精神疾患、精神障害を患っている方で、水中毒を併発している方は、一定の人数おられるそうです。


水の飲み過ぎですが、桁が違うのです。1日10リットルの等と言う量を毎日飲んでしまいます。

水をそれだけ飲みますと、体内のカリウムが薄くなり、カリウム欠乏が常になります。生命に危険で、生命を失う方も居ます。

昨夜の方は、生命はとりとめましたが、朝晩体重を計りますが、普通は夜に5キロ、7キロ、水分で体重が増え、夜中には失禁を大量にして、朝は元に戻る、となるのですが、今朝も戻っていませんでした。


昨夜は散々嘔吐して、失禁して、放尿して、と、物凄い量の水分を放出されていますが、今朝の体重は、普段の夜くらいの値だったとか。

水を恒常的に10リットル単位で飲んでしまう患者さんは、時に保護室に24時間対応しないと、死んでしまう事もあるそうです。

私の勤務先の病棟では、食事や3時のお茶等は含めず、4リットルに制限、と言う保護室対応の方が何人も、おいでです。

一般の方は、食事の水分、湯茶等含めて、3リットル飲む方は多い方。2リットルくらいの方が普通?


逆に知的障害者の方や、高齢者の方に、1リットル未満の方も結構居て、脱水を起こしたりしますね。



喉の渇きは本能的なものです。精神薬で喉や口が渇く事は、知られています。

水中毒迄いってしまって、制御が効かず亡くなる方、あとを断ちません。


昨夜の方は、意識混濁、せん妄等、凄かった様子ですが、幸いにして、一命はとりとめました。


さすがに本日は寝てばかりおいででしたが、トイレ等に行くと、大量にまた、水を飲んでおられました。


自己制御が効かない程、病状が悪化している方なのだろう、と思います。


水中毒は本当に怖いのです。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック