bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



病院が引っ越し!
年に数回行かねばならぬ病院がありまして、処置をして貰っています。


大きな駅のすぐそばのビルに入っていました。


必要になって、予約を取り、行ったら、病院が入っていた場所が空っぽ!

一瞬、何が起きたのか、真っ白になりました。


電話を掛けてみると、引っ越ししたとの事。別の階かな?と思ったら、全然別の場所でした。


そういえば、電話番号が変わりましたっけ。


予約時間は遥かに過ぎてしまいますが、受け入れして下さる、との事で、水先案内の通りに移動しました。


これが、当地の都会のガンの駅を通るルートで、一般の方には何事ないかもしれないのですが、複数の路線と地下鉄を、無理やり1つのルートにまとめた駅で、決められたルートで、延々とアップダウンをかなり含む連絡通路を端から端迄歩きます。


普段、この駅は使わない様にしていますが、今日はこの駅通らないと、病院に行けません。

しかも凄く遅刻です。

指定された順路を通って、別の地下鉄に乗り換えて、病院迄。


地下鉄もガンがあります。古い路線で設備をそのまま使っている事がありまして、バリアフリーも何も無い訳です。


かろうじて、上りのエスカレーターがあれば良い方で、エレベーターなんぞは、ホームを端から端迄移動して、係員専用の扉を開けて貰い、又歩いて、貨物用のエレベーターに小さくなって乗るとか。


そもそも無いとか。

階段も途中に妙な踊り場みたいな切り返しがあるとか。


エスカレーターは上りだけあれば充分、じゃありません。上れない人は下りも辛いんです。


やっとの事でたどり着きましたが、どうも、複雑な迷路を必死で歩いた為か、慌てた為か、受付で息が上がってしまって、話せなくなっちゃいました。


焦っているうちに、うっかりしりもちついてしまって、ちょっとした騒ぎになりました。


ああ、もう!

帰り道は、そのガンの駅を通らずに済むルートは無いか、聞いてみました。前の場所を通る必要はないですからね。


結局、真っ直ぐ帰るのではなく、反対方向に敢えて回って、乗り換えはホームの反対側に違う電車がくるから、歩く必要無し、のルートで、今は自宅に帰る、いつもの電車に乗っています。

待合室で昼寝しちゃいました。無理やり診ていただいた形になり、申し訳なかったです。

都会の電車の中は冷たかったですよ。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック