bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



何と呼びますか?
名前の話しですよ。

2つネタがありまして、1つは夫婦の間で です。

我が家は夫婦二人だけ、特に肉親もおらず、子もおりません。
なので、どうもお互いに何と呼べばよいんだろう?と思いつつ、もう一緒になって(事実婚ですが)ずっとあやふやなままです。

家内の方がかなり年上なんです。2ケタは違いませんが、まあ、世代1つ違うかな と言う感じです。年は後から聞いたので、家内がかなり年上と言う事は、別段困りません。

障害者夫婦と言うのは、病院とお役所にしょっちゅう用事があります。
普段、他の方に自分の連れ合いの事を話すには、家内は『主人』と使っており、私は、『家内』と使っています。
昨今『家内』と使う人は少ない とどこかで読みましたけれど、『妻』とは何となく呼ばないですね。

じゃ、家の中では?と言う事なんですけれど、家内は、『あなた』か『ねぇ』ですね。
私は、あだ名ではないけれど、『奥方様』とか『姫!』とか、何となく呼んでいまして、最近は、入院中なので『本人!』等と言う時もあります。入院先の病院さんに電話をかけて、家内を呼び出してもらう時は『鷹山の家の者ですが、鷹山妻をお願いします。』等と言うから でしょうか?『本人』『家の者』って、対になりますか?私の中ではなるんですけれど。

とはいえ、人様の前で家内を呼ぶこともありますし、家内の事が役所の方、病院の方と話題になる事もあります。
家の中でも具合の悪い時の家内を呼ぶときって、しっかりはっきり呼ばないと、本人がうつろと言う事もあります。

そんな時もあり、最近は、名そのもので呼ぶ時もまあまあありますね。

家内は『鷹山』と人様の前で私を話題にするときに、使うこともあるようです。



…古いよね。歳がばれますね。



2つ目は、お客様?の呼び方です。

介護屋は、特に障害のある方の為の介護屋は、基本的に利用者の方は、『○○さん』と氏で呼びます。
『○○ちゃん』『○○くん』『あだ名』、絶対ダメです。ご家族じゃないですからね。
基本中の基本なんです。
勿論例外もあって、同じ氏の方が、何人もある と言う様な場合に、定着している各々の方の呼び方が違う 等と言うケースはありますよ。

山下さんが3人いるとして、おひとりは『山下さん』と呼ばれ、もう一人の方は、お名前で呼ばれ、3人目の方は、『山下君』と呼ばれ、と言う様な事はあります。又、親しみ具合によって、『山下さん』と呼ぶ人と、『名前に、さん と付けて』呼ぶ人とある なんてことはあります。



学童にあたる方は、『ちゃん』『くん』が多いですが、これは年齢の為ですね。



今の勤務先で気になって仕方ない事があるんです。

大の大人の患者さん相手に、あだ名的に、ちゃんをつけて呼ぶ職員さんが非常に多い。
特に看護師さん。(ごめんなさい。私、看護職の方々、どうも共感できません。)

精神病院の急性期病棟ですから、統合失調症慢性の方、アルコール、薬物の依存症の方、認知症の方、色々な我を失いかけている方がおられます。びっくりしたのは、知的障害のある方が、『精神発達遅滞』と言う『病名』で社会的入院をしているのを、看護師さんは、不思議に思って居ない事でした。

で、我を失いがちな方に と言う感じなのですが、60歳、70歳の方、若い方でも構いません。30歳の方に、例えば『坂崎さん』としまして、『さかちゃん』『さかちん』等?お名前が『良子さん』と言う方に対して、『よっちゃん』等の呼び方を定着させている事実に非常に驚きました。

私は呼びませんよ。『坂崎さん』と呼びますし、『良子さん』と言うお名前の方は、氏がダブっていなければ、氏で呼びます。


どうも、看護師さんに多いような気がしてなりません。
看護助手は、もう20年、30年その病院にいる様な人(主の様な方々)には、時々『さかちゃん』『よっちゃん』の方ありますが、全員でもないような…新規職員で、パート身分の職員が、先輩1人と(女性です。)と、私は少なくとも『○○さん』と呼んでいます。

男性の看護助手、男性のパートは両方とも私1人です。病院全体で、職員数は、パート迄含めて、150か200人と思います。外来、病棟、作業療法など、人事、総務、役員、栄養課=外部委託していないんです、営繕課=外部委託していません、何もかもひっくるめて、150か、200人くらいで、その全ての中で、『男性看護助手』『男性パート』は私一人なんですね。

で、病棟のパートの先輩は、私より3か月先に入られた新規職員さんなので、病院ずれしていない為もあり、『○○さん』と患者さんを呼びます。

私も同じです。


病院勤務になれた人は、『○○ちゃん』と呼ぶべき と考えている人が多い?とは思いたくないんですが、そのような気もします。

職員だけの間でしたら仕方ない面もありますが、『○○ちゃん』でないと、ご本人がご自分を自覚できない方(ご自宅におられるときから?)ならば、むしろ『○○さん』と呼び続ける事が大切なような気がするのですけれど。


病院職員>患者さん と言う図式が見えて、『こちらは治療をしてやっている』『患者は何もできない。下の人間である』と言う風に聞こえてしまうんです。

患者さんと面と向かってお呼びする時に、『○○ちゃん、ダメ!』って、普通の大人の患者さんに言うのかな?
『○○さん、それはダメです。』なら判るんですよ。


精神病院は特殊な場所ではあるし、その特殊な場所で療養して頂くためのものではあるのだけれど…



そのくせ、部屋のドアには『○○様』と書いてあったり、どうにもその面では、慣れる事は出来ないように思います。
ずっと『○○さん』とお呼びする様に思うけど、私一人だけ になってしまわないか、心配(><)。

大先輩の看護助手さん方は、皆さん、『○○ちゃん』使います。
全員の方に ではないです。一部の我を失いがち(つまり認知障害等が著しい)方に『○○ちゃん』が多いんです。


うーん…
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック