bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



化ける話
先日、生首の写真とか書きまして、失礼しました。

今夜は化ける話を書こうと思います。

ネコも化けますし、怪盗ルパンも化けますが…


そうじゃなくて、有名人?


ミュージック・ステーションと言う音楽番組がありますね。
オッサンですから、めったに見ないですが、ふと、ウルフルズが出る と宣伝が出ていたので、見てみました。
特にファンと言う訳じゃないです。

トータス松本さん と言う方があります。嘘ビール(なんて言いました?ビール風飲料?)の宣伝をしています。
CMソングを歌っています。
あれを聞いていて、『ああ、この人、いい年齢になって、化けてきたなぁ』といつも思って居たのでありました。
私が思っても、急激に売れっ子さんになるか知らないけど。

7年ぶりに出演とかで、往年のヒット曲『ガッツだぜ』と、最近の曲をウルフルズが歌いまして。
『ガッツだぜ』が出た頃、あれほどインパクトがあったあの曲が、物足りない。
なんでかな?


ずっと化ける、化ける と思って居た、芸人さんがあります。
漫才師と言うと思うけど、『テツアンドトモ』のお二人。、
お笑いとは違うと思って居ます。
私、お笑いは嫌いです。
芸じゃないから。

寄席の出し物などは、色々知っています。当地では足を運ぶことはめったにないですが、地方巡業的に市民会館などで行われるものに行ったことはあります。

で、ある時。もう10年以上前と思いますけれど、『テツアンドトモ』さんが、まだまだテレビに出て居た頃、旅行のついでに寄席に行ってみた事がありました。
偶然、本当に偶然、『テツアンドトモ』さんが出ていまして、その頃テレビでやっていたのと同じネタを披露しておりました。

芸人さんはですね。寄席に出てなくちゃだめです。(鷹山が思って居るだけですよ)
寄席では駆け出しの下っ端です。ごくごく最初の方に、ほんの短い時間だけ出演して、引っ込みました。
少し後ろで、春風亭翔太さんが落語をやったですね。
当時から、スピードがあって、面白かったです。
往年の小朝みたいでした。

で、最近、桜の歌を歌手の方の様に発売したとかで、ピンク色のジャージを着て、宣伝をしている動画を見ました。
赤いジャージがテツさんで、青いジャージがトモさんですね。
ギターを弾いて、歌って、振り付けをしますが、踊っている様な物ですか。
で、身振り手振りのテツさんの表現して居る事は、とてもよく判って、しかもとても可笑しい。

久しぶりに楽しかったです。
私とⅠ世代くらいしか違わないんですね。

テレビで売れても売れなくても、とにかく寄席に出続ける これ、凄いと思うんです。しかも、うまくなってますし。
このお二人は、鷹山は化けたな と思って居ます。

テツandトモ 桜前線


少し若い人の話にしましょう。

何とか48.色々あって、よく判らない。

モーニング娘の最初くらいまでは判ったんですよ。
モーニング娘あたりから、解雇することを、『卒業』と表現する様になりましたね。
独立したい駒の一人が、所属事務所を飛び出すことも、『卒業』と言うようになりました。

要するに、契約決裂をきれいな言葉で示したもので、私は大嫌い。

何とか48も、『卒業』していく、解雇された駒、独立したくて飛び出す駒、たくさんいるようです。
『卒業』自体は、宝塚の『退団』に事を発すると思うんですが…
トップになった時から、いつ引退、退団、と、経営側からタカラジェンヌは引導を渡されます。
渡されず生涯現役で残れる人はごくごくわずかです。

又、飛び出す形で退団した人もそんなに多くありません。トップを10年単位で務めた人も少ないです。最近は、トップでいられる期間は、2年弱が平均と聞きます。


さておき、何とか48。

卒業した駒の人はたくさんいるようですが、今まさに『卒業』する人が真ん中で歌っておりました。
卒業シーズンと言う事で、男子高校生の言葉で綴った、言葉の悪い卒業の歌でした。


確かにその集団の中にいると、真ん中で歌っている人は、輝いて見えるのですが…
『卒業』したあとが本番ですよね。


化けて華が開く人は、長続きする訳でしょう?

坂本冬実さん と言う方があります。デビュー曲が、有名な(違うかな?)『夜桜お七』ですね。
あれは、かなり難しい歌なんじゃないか、と思います。当時も坂本さんは歌いこなしていたように思いますし、今も変わらぬ表現をされるように思います。

石川さゆりさん と言う方があります。島倉千代子さんと言う方に師事したような、かわいがられたような。
17歳でデビューして歌ったのが、『津軽海峡冬景色?』あとはなんだっけ?あれ以来、30年や40年経っているように思います。『天城越え』等もありましたね。


化け損なった方 も居る訳です。

個人的な見解ですから、ファンの方、コメントで怒らないでくださいね。
都はるみさんとかね。
千昌男さんとかね。
キャリアが途中で切れた人たち、色々おられます。

氷川きよしさん は、最初から売れましたけれど、今がちょっと鼻息が荒すぎる時期でしょうか…
もう少し経ってどうなるか、見物したい人の一人でもあります。


話はそれますが、『まどみちお』さんが永眠されました。
明治のお生まれだと初めて知りましたし、ご存命だったのにも驚きました。
『まどみちお』さんの詩が、北原白秋に認められた 等と言う話も、初めて知りました。


私は昭和の申し子の一人、戦後の昭和の申し子の一人ですから、子供の頃、さんざん、まどみちおさんの童謡を歌って大きくなりました。祖父母が明治の中ごろの生まれでしたから、もう少し若いお生まれだったんですね。

それに付随して、團琢磨さん、團伊玖磨さんも思い出しました。パイプの煙(なんだかご存知ですか?エッセーです)も思い出しました。パイプの煙連載中、私、覚えています。男爵様とは知らなかったです。


逸材が出にくくなった、どこも金太郎あめの今の日本で、有名にならなくても良いから、何かに取り組む若者を応援したい気分になってくるのは、自分が年を食ったせいですね。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック