bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



これから家内の病院に行きます。
金曜日~日曜日まで、私は仕事をしません。休みにして貰っています。
昨日は自分の通院で手いっぱいでしたので、本日は家の掃除などをして、これから家内の入院先の病院に行きます。
欲しい物があるとの事で、それを持参して、あとはちょっと夫婦で気になって居る事がありますから、その話を少ししてきます。

もともと荷物の多い奴でして、『スーツケースに入れていく』と荷物については本人が言っておりました。
スーツケースって、キャビンアテンダントさんがコロコロと引いているような、それよりは少し大きめのを、本人が、持っていたのを知っていますので、そのスーツケースかと思ったら、入院先で見ると、サムソナイトの大型 みたいなオレンジ色の見た事が無いスーツケースでした。


何をそんなに入れていくんだろう???
判りません。

すごく少なくはないですが、私は荷物は比較的少ない方で、修学旅行用みたいな3泊4日程度のソフトケースで、海外旅行やら、自分の手術の入院やらは、済ませています。そのかばんも『使う?これで済むと思うけど?』と貸したら、部屋にそのまま置いてあるので、小さなスーツケース1つで収まったのだと思って居ました。

精神病院は、入院時に結構荷物を調べます。
中には、危ない物を持ち込む人もありますし、細長い物、金属の物等は、一般的には持ち込めない事が多いのです。
家内がお世話になっている病院さんは、入院病棟は全部閉鎖病棟です。家内は、薬の調整なので、救急病床Ⅰだったかな?救急病床にいます。

具合が悪いわけではないのですが、(いつもと同じように具合が悪いですが、特に具合が悪いわけではない)、薬の調整が在宅で出来なかったという結果が、4年分ありますので、少し冒険気味の薬の調整になります。ですから、副作用リスクがかなりある訳で、それで、救急病床の個室を指定されての入院です。

個室はね。結構広くてきれいです。
本来は、当方は大部屋を希望しましたが、治療上の理由から、どうしても個室でないとダメとなり、限度額認定証の区分が、我が家は低所得(非課税)の為、Cなので、(月の限度額 34,500円。実費、食費別。食費は1日630円と決まっています。)差額ベッド代金は、『払えないので大部屋で』と、限度額認定証を提示したところ、『どうしても個室でないとだめなので、差額ベッド代金は、免除にしましょう』となって、個室に居る訳です。

申し訳ないなぁ とは思いますが、払えない物は払えません。
有難いなぁ とも思います。


あんなに荷物を持って行ったのに、まだ足りない物 と言うのは、パソコン系統の物と乾電池の類、それと自宅に残っていた約1カートンのたばこです。
乾電池で充電するタイプの何か をパソコンを利用するために欲しいみたいで、何が欲しいのかは、これから聞いてきます。たばこは我が家に置いて行ったと言うか、忘れていったもので、本人が買わずに済みますし、私、禁煙治療に通っていますので、誘惑の元になって困るから かな。

差額ベッド代金は前にも書いたかと思いますけれど、止む無い時でも、減額ってないんです。
全額払うか、免除でゼロか の2択なんですって。


私の精神科の主治医が、『もう在宅4年になっていたのですか?ついこの間入院したばかりだと思って居ました。』と言いました。(昨日予約で行ったので)『4年間、在宅生活を送ったと言うのは、凄いですね。』とも言いました。


医療職と介護屋、いつもぶつかるんですけれど、どちらが欠けてもだめだと思うのですよ。
家内には、その両方が運よく揃ったと言う訳で、多分、薬の調整のめどがついたら、どんなに体調不良でも、退院させられてくると思います。


私の勤務先の病棟は、急性期病棟ですが、いつでもどんなに症状の重い人でも受け入れるところは立派と思うのですが、慢性化してしまって、病院と社会の往復をしている方(患者さん)の受け入れをしているだけ と言えます。


薬物依存、覚せい剤依存、その他、もろもろ薬物一式の方も結構おられて、精神を病んでしまっていて、一般的な話が通じない方もあります。


そういう病棟はそういう病棟の役割があると思うのですが、家内のいる病棟はどんな様子なのか、まだ、私はよく知りません。看護ステーションに空いている方があったら、少し聞いてこようかな とも思って居ます。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック