bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



何かが変だと気付きました。
一人足りないのですから、変なのは当たり前ですが、どうも、落ち着かない感じで、何かが決定的に足りない感じがします。

最初は家内がいない為に、独身一人暮らしになっていますから、その為かな と思いました。
家内がいないと、昼間、家に人がいないので、仕事から帰ると家じゅうがしんしんと冷え切っていて、自分の部屋だけ暖房をタイマーでセットしていても、なんだか非常に冷えますし。

違うかもしれない…

以前のブログから購読して下さっている皆様にはおなじみなのですが、私は時計の恐怖症の様な感じで、自室、台所と言うか、リビングと言うか(LDKほど広くないの)には、一切時計がありません。不調な時は、21時過ぎると、テレビも消してしまい、時間が判らない様にしています。

パソコンの右下の部分って、時刻が出ますよね?規定通りにしておくと。
わざわざ時計表示を消してあるんです。
インターネットで、時刻表検索や、路線検索をすると、現在時刻が出てしまう物もありますよね。
そんなのは、昼間にならないと、検索できません。
PHSの時刻表示は消すことが出来なくて、一番小さくしてありますが、寝る前に触る時は、必ず、時刻表示が出る部分を指で隠してから出ないと触れません。


精神疾患の既往があるのですが、(今は疾患ではありません。再発防止にコントロールかな)その時、一番困ったのが、不眠でした。
時計って結構夜中も時刻と共に鳴ったりしまして(昔ですから)時計が見えると、鳴らなくても、今は何時、あと何時間しか眠れない、すぐ眠らねば となって、時計そのものが恐怖の象徴になりました。
家電製品の多くには、時刻表示が明々と光ります。
全部、透けない厚紙を貼って、間違っても、ひらり、はらり、と落ちて、うっかり時刻を見る事が無いように、厳重にガムテープなどで補強して、更に上からマジックインキの黒で塗りつぶしたりしておりました。


まあ、若かったころの話しです。
今、厄介なのは、炊飯器(台所に普通はあるでしょう?我が家もあります。)の明るい時刻表示ですが、場所がわかっていますから、見ない様に勝手に体と視線が避けてます。


と言う事は。


家内の生活ぶりで、私は大体の時間を把握して居る訳です。
それが時計が全くない生活なので、全くわからない。


で、変な感じがするんじゃないかな と思います。


時計の恐怖症なんて、そうそういないと思うけど、どうなんでしょうね?
正確に言えば、夜中に時刻を知る事がダメなんです。
休みの前などは大丈夫な時もありますし、休みの前でも、精神的に不調だと、ダメな時もあります。

家内が自宅で起きてしまう時間は、何時に眠りについても3時(丑三つ時の)だ と聞いて以来、家内がごそごそ始めると、3時だ と信じてしまって、色々困った時期もありました。


あとはですね。


なんでも一人でやってきましたが、実はヘルパーさんが片づけて下さっていたこともありまして、本当に何もかもを自分でやらないと行けなくなった事が変ですね。普段がヘルパーさんがいる暮らしだったので。家内のヘルパーさんですから、入院中の今は、ヘルパーさんはお休みです。

私は見えない為もあるんですが、障害程度区分が取れなくて、どうしてもヘルパーさんが使えません。


身体障害のある方で、車いすの方は、風呂の掃除は出来ませんよね。
冷蔵庫の高いところにも、手が届きません。
一般賃貸住宅なら、コンロ台の高さが高すぎて、調理も出来ません。

と、ヘルパーが入るしかないんです。で、実際、正社員さんで働いていても、入るケースは普通にあります。
だって、不能ですから。当たり前のことですね。


私は障害が見えません。
一般の方の心臓と同じ機能はないので、物理的に疲れと言う形で、出来ない事が沢山あります。
その部分は、車いすの方の風呂掃除が出来ないのと同じなのですが、見えないがゆえに、就労支援でヘルパーは使えないんですよね となってしまいます。


得とか損とかは思わないけれど、事実、家内のヘルパーさんが来て下さるおかげで、助けられているところもあるので、ただの普段の生活がきついかも。これも、変な感じがする理由の一つかもしれないですね。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック