bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



家内の入院
昨日、家内が服薬調整の為に、いつも通院している精神病院さんに入院しました。
私は仕事だったので、ヘルパー事業所の方に、自費枠で付き添いを頼んで、3時間かかったそうですよ。

病院と言うところは、色々な事が起こります。
昨日は、昨日か、一昨日か知りませんが、緊急の入院があったそうで、家内は、計画的な入院でしたから、押し出される格好で、空いている別の病棟のベッドに一晩仮住まいになりました。

私も精神病院勤務ですから、色々な事が起こり、現場にはそれが知らされるのが、ごく直前になり、いきなり何かが勃発!と言う事は、良くあります。


それは仕方ないのですけれど、昨日は、どうも、仮住まいになった病棟で、入院時にごたごたが発生したそうで、勤務終了後、行ってみたら、家内ブンブン怒っています。ヘルパー事業所の事務長さんからの報告も、『応対の看護師氏の態度がすこぶる悪く、余裕がない状態で、その煽りを食らって、転換性ヒステリーを起こして転倒してしまったり、もう、てんやわんやだったみたいです。

患者本人目の前にして、『キャンキャン』と表現するような高い声で、まくしたてるのは、頂けないですなぁ~。


本日、やっと、本来の病棟が空いて、無事に本来の病棟の病室に移ったようです。


で、仮住まいさせてもらった病棟に、既に転棟したのかどうか、聞いてみました。電話で。
したらば、無事、転棟は済んでいました。
なので、ちょっと看護師長さんを呼んでいただきました。

要するに文句を言ったのです。

怒鳴っちゃだめですよ。
私はそう思って居ます。
でも、不具合な対応をして、トラブルになった と言う事は、上司の耳に入れねば治らないと思って居ますので。
だって、その場に看護師長さん等の、責任のある方がいたかどうか、私にはわからないです。
誰も、キャンキャン吠える対応をした看護師さんを止めた方はなかったようですから、応対する人は、その看護師さん一人しか、ナースステーションにいなかったかもしれません。

と言う事は、もみ消しになってしまって、その不具合看護師さんのストレス解消に、家内が鳴ってしまった可能性もありますから、お呼びして、申しあげました。

別に看護師さんを私が特定して、その看護師さんの顔が見たい訳じゃありません。
余りに余裕のない患者対応は、患者本人目の前にして、ストレス解消が如く は、ちといかがなものでしょう と言う様な事を言いまして、今後入院される方もあるし、その方が、病棟内で、患者さんにそういう態度をしているのかもしれないし、嫌な思いをする患者がこれからもあるようでは困るから と伝えて、切りました。


仮の宿になった病棟さん、いい迷惑ではあったと思いますが、幾ら現場に余裕がなくてもまずいでしょう?
私の病院の看護師さん達も、忙しくて仕方ないような時がありますけれど、さすがに幸い、そういう様な事は、私が入ってからはなかったです。

亡くなられた方のご家族から、遺品に見当たらない物がある、と、強くお叱りを受けた事はあったようです。
長く入院されていた、ご高齢の方でした。
ご家族様がおいでになる事はありませんでしたが、最初にあった筈の物が長期入院後に死亡退院する際に、無くなっていたとすると、やはり、疑念が出るのでしょう。10年程度ご入院だったそうです。


私もうっかりで、患者さん、ご家族の妨げになるような事をしない様に、療養にプラスになるような言動をするようになりたいですが、まだまだ入ったばかり、いつか出来る様になりたいですね。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック