bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



本日入院された方
本日、入院された方に、! と私が感じる様な方がありまして。

措置か、保護か、よく判りませんが、3日間連続で、警察に保護された方だそうです。ご家族はおいでになります。ご一緒にお住まいかは、私は補助さんにすぎないので、判りませんけれど…

3日前 何かの店で無銭飲食
2日前 タクシー?の無賃乗車
1日前 やっぱり何か、お金を持たずに

2日前、1日前、本日 だったかもしれません。

3回とも、旭川と鹿児島程、距離の離れた警察署に保護されて、3回目で、精神病院直行 になられたご様子。


ご家族(お兄様のようです。ご本人は中年の男性です。)が来られて、色々としていかれましたが…

私の勘が(あてにならぬと言われそうですけれど。)知的レベルのボーダーさん と言っています。
多分、手帳が取れるか取れないか くらいの知的障害のある方だと思います。
一見、何事なく生活が出来るように見えるのですが、根本的な事が自分で始末できない方々。

逆は真ではないので、勘違いしないでほしいのですが、『微罪で、しょっちゅう更生施設(要するに刑務所)と社会を言ったり来たりしているうちに、一生が終わってしまう方』、『いわゆるホームレスの方』には、知的レベルが一般の人(一般って何って、私が聞きたいけど)よりも平均して明らかに低い方が多いのだそうです。

平均して、皆さん、知的レベルが低い。
でも、自覚がない。
周囲も怠けだと思って居る。
説教をすればよいと思って居る。


こんな、累積犯罪者(微罪)を救おうと言う事で、やっと、説教して、刑務所に入れて、刑期が終わったら、何も教育せずに塀の外に放り出す と言う矛盾に気づき始めた専門家の人たちが出てきました。


本日入院された方も、行くべきところは、精神病院の急性期病棟に保護だか、措置だかの入院 じゃないはずです。
だって、精神的な病じゃありませんもの。
生まれ持った『障害』が知的にある と言う事ですから…


ご本人は、なんでここにいるのか、文句も特に言いません。今度はここで暮らすのかな と言う程度です。
と言って、いかにも、ぼやけているように見える訳ではありません。
しっかりと日常生活が送れるような、はきはきとしたお返事をなさいます。


はい と言っておけば、嵐が通り過ぎる と言う方もあるんです。
特に知的に弱い部分のある方には、『判らなかったら、はいと答えておけばよい』『判ったか、理解したか の様な事を言われたら、はい と答えておけばよい』『はい=判らない、はい=面倒くさい』と言うように反応する方がとても多いんです。


これは精神病院じゃなくて、療育が足りなかったせいなので…

就労継続Bあたり、Aでも良いけど、とにかく、教育が出来るプロ、つまりは介護屋で、障害者の方の生活支援をしているプロが本気にならないと、社会生活を送れるようになりません。




と、単なる看護助手たる、補助さん の私が思って居ても、どうにもならないので、なんともはや、どうにかならないんですかね。


うちの病院や、病棟の責任者の方、看護師の方が悪いわけじゃない。
看護の人は、介護を知らない。
介護屋は、看護が理解できない。



同じ職場に2ライン、看護と介護があると、大抵は反目します。看護師の方がエライと言う事に大抵はなります。
それが正しいかどうかは知りませんが、看護は医師の範疇で、医療の助手。介護は単独で介護としての範疇 と思うw他紙には、現実はうまくは回らないのだな とつくづく思う様な時があります。



どうするんだろう?
本日入院の、3日間警察に保護された方?
精神病院に閉じ込めておいても、外に出たら、同じことをやりますよね…



別の話しですが、若い男性の患者さんに、薬物依存症の方があります。
いや、薬物依存症の方は、山ほどいるのですが、その中のある方。


若い女性の患者さんが、保護入院でしばらく前から、来られています。
その方に、眠る以外の時間は、付きまといっぱなし なのです。
一般社会では、これをストーカーと言います。


これもねぇ…


どこの病棟に移って頂いても、どの精神病院に転院して頂いても、ストーカーだけではなくて、色々厄介を起こす方 と言うので、何かあるんだろうとは思いますけれど…
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック