bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



ヘルプマークと無料乗車証
私が住む地方自治体では、最近、ヘルプマークが出来ました。

自治体運営の公共交通機関の中でだけ、放送があり、優先席を譲る様に、掲示があります。


我が家は地方自治体中心地からは、かなり離れているので、地方自治体運営の公共交通機関に乗る事は、年に数回でしょうか。


ヘルプマークの良い所は、誰でも使える事かな。障害者手帳が何で、何級か、等は不要です。

手帳持っている事は要件じゃないんです。


鞄等に着けていて、あらゆるシーンで、相互扶助をしましょう、と言う趣旨ですね。


理念と構想は良いと思います。運用が下手くそなんで、普及しないでしょう。



JR、私鉄各線、自治体運営でない地下鉄、私鉄系列のバス、つまり、自治体が運営していない公共交通機関には、一切、放送も掲示もありません。


マタニティーマークは、全ての公共交通機関に掲示があり、電車、地下鉄等の改札口でマークは配布しています。


ヘルプマークは、自治体運営の地下鉄の改札口だけの配布です。


小1時間、JRに乗って、貰いに行きましたよ。往復1000円ちょっと掛けて。往復2時間です。


自治体運営の公共交通機関は、障害者手帳の条件を満たせば、障害者福祉課で、切符と同じ改札機に通すか、駅員さんに提示するか、で、タダで乗れる無料乗車証を貰えます。


私はわざわざ駅員さんに提示して、自治体運営の地下鉄等に乗る時は通ります。

見て判らない障害者なので、啓蒙のつもりかな。


家内のは、手続きしたのが、障害者福祉課じゃなかった様で、駅員さんに提示して通るしか出来ない紙券です。


最近、ICカードに組み込めて、タッチすれば通れるタイプが出来た様子。


家内も自治体運営の公共交通機関に乗る事は、年に数回あるかどうか、ですが、駅員さんに提示で、障害者だと思われたくない気持ちだそうです。

同時に通る、他の乗客の人に、色メガネで見られる可能性が嫌だ、との事。


切り替えに行きましたよ。ついでですからね。
自治体運営の公共交通機関のうち、地下鉄の、指定の定期券売り場でないと、切り替えしてくれません。


ヘルプマークをくれるのは、地下鉄の指定の改札口。
無料乗車証をICカードに組み込んでくれるのは、地下鉄の指定の定期券売り場。


同じ駅にあれば良いですが、駅によっては、指定の定期券売り場でない事も、改札口にヘルプマークを置いていない事もありまして。


気持ちは判りますが、申し訳ないけど、難解で不親切です。


私の往復2時間と、JRの乗車券代金、返せ!


私の手帳には有効期限はありません。身体障害者手帳の一番重いもので、心臓に人工の弁を縫い付けてあるから、障害者で無くなる可能性がゼロと見なされているからです。


家内のは、手帳も年金も3年か5年くらいで、しょっちゅう更新です。


精神障害者、治ると思っているらしい。厚生労働省と社会保険庁。


治らないんですけどね。
精神障害者も。


手帳の更新がこの7月なので、無料乗車証も期限はそこ迄。又、更新に行かなくては。


私の乗車証も期限はありますが、私のは、切符と同じ改札機に通すか、駅員さんに提示するか、のタイプですから、障害者福祉課で更新出来るんです。



JRと私鉄とは全く連携のない、この2つの取り組み、膨大な予算掛けて、普及しないで終わる、と私は思っています。


ハートプラスマークと言う、内部障害者専用の、民間法人が管理しているマークを常に鞄に着けていますが、私以外の方がつけているのを見た事がありません。

小さい法人さんが管理していますから、電車に掲示もないし、着けていても、ほぼ全員の方が知らん顔です。


普及啓蒙の為に私はつけていますが、役には全く立っていないので。


ハートプラスマークと、自治体運営のヘルプマークの両方を着けましたけど、せめて、優先席で、座席譲る人が出れば良いと考えます。


一般の席は、健常者の席、年寄り、子供連れ、手足の不自由な障害者は、優先席へ行け、と考える方、多いです。


優先席に行くと、見た目で判らぬので、又、マークを着けているので、やっとの事で座ったんだ、疲れているんだ、障害者が来たら立てば良い、目の前にいるのは、物欲しそうに何かマークをつけているが、そんなマーク知らないし、障害者に見えないし、私は非常に疲れているから、譲る必要がない、と言う方も、山の様にいます。


障害者=手足の不自由がある身体障害者のみ!としか考えていない方も、これ又、星の数程います。



逆に。


お腹に赤ちゃんはいないのに、マタニティーマークを貰って、どけどけ~!みたいに、何年も優先席に座って通勤している強者もいますし、駐車禁止の取り締まりを受けない、障害者で条件を満たす者に警察署で交付される、車用の帳票があるのですが。


悪い事を考えるヤツはいるたもので。


居酒屋で、偽造マークを高値で販売し、車で酒を飲みに来て、飲酒運転で帰る、なんて輩が、一斉に逮捕された事もありました。



必要にして充分、とは難しいものです。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック