bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



胃が痛いのです
昨年の12月半ばあたりから、胃が痛みます。胃袋の形が悪いんです。逆流性食道炎を起こす形をしています。


胃袋が食道側にはみ出している事で、要するに老化現象ですね。40になったばかりくらいの時に、胃カメラを入れて頂き、判明。


時々胃をやられる事がありますが、こんなに長いのも珍しい。意外に潰瘍等は出来ないみたいです。胃炎ですね。


ストレス過多と、大量の処方薬、でしょうね。


ストレス過多が無くならないと、精神症状が治まりませんから、大量の処方薬は無くならない。


ストレス過多そのものも、胃に良くないのかもしれません。


余りに痛いので、もう一度、お医者さんに行きました。私の掛かり付けの内科の主治医は、消化器には、余り詳しくないのです。


以前勤務していた団体さんの、勤務先の近くに、専門は消化器、と言う、内科のお医者さんがあります。

お父さん=院長先生は、皮膚科なんですけれど。


なので、自治体の健康診断と、胃をやられた時は、この先生のところに厄介になっています。


内科のかかりつけの主治医は、隣の自治体にあります。なので、自治体の健康診断は出来ません。


胃を壊す、って、なんかやらかしたから、ですよね。単発な事と言うか。


いつものかかりつけの主治医は、心臓が壊れている事も、精神科で再発防止の管理をして貰っている事も、大抵の事は、全てを見透して、なんとかしてくれます。


でも、胃を壊す、は、私が行く、消化器が専門の内科の先生程は、詳しくないのです。


まあ、ストレス過多は、充分に覚えがあるので、どうにかしないといけませんね。


来週の明日から、仕事に復帰しますから、ストレスが減るか、身体がやられるか、何事ないか、全然判りません。



家内と四六時中同じ場所にいる、と言うのは、例え、違う部屋で、お互い様にしていても、かなりのストレス喰らいます。


私はプロの介護屋ですが、家族は別。家族の介護は、やはりプロの方々にお願いします。


とはいえ。

食う寝るところに住むところ、の類いは、結局私が面倒見るしかありませんし、勿論、障害の為に寝た切りなのですから、私が思う、回復に良さそうな事、が、家内には出来る筈がありません。


回復に悪そうな事をやらかしているのは知っていますが、止めても止まりませんし。



で、私もストレス過多になっちゃう。


今度の職場は、精神病院の病棟の雑用係です。家内より症状の重い方々がおられる筈ですが、それは仕事ですから、消化出来るんですね。多分。


やりたい仕事ではないです。介護屋の仕事ではないから。でも、出来る仕事です。私も障害者ですし、家内の介護も、家事雑用も、自分の通院も、全部こなさなければなりませんから、やりたい仕事に全て注ぎ込む訳にはいきません。


次の職場は良く受け入れてくれたと思います。


無理、無茶をせずに、細く長く働けると良いのだけれど。



ともあれ、胃炎、治って欲しいなあ。強迫観念も薄れて欲しいです。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック