bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



座布団と炬燵掛けをやっと買いました。
大晦日に慌てて、歩いては無理ですが、車で商店街の一番遠い方にある、ふとん屋さんに、滑り込み。


我が家の炬燵は、私が独身の頃に、通信販売の大手から買ったものです。

座卓部分は、普通の感じです。


困っていたのは、座布団と、炬燵掛け。セットになっていたものは、私の感覚では、クッション。中綿がなんだかしりませんが、ポリ綿みたいなのだと思います。

畳の上なら我慢出来るかも?独身時代から、私は洋室でした。家内も和室にカーペットを敷いて、畳忘れていましたね。


だから、へたってしまう、クッションみたいなのでは、フローリングのマンションでは、寒いし、尻が痛い。


家内が炬燵?夏は座卓?兼用の食卓にくると、クッション椅子みたいなのの上に、フローリングにそのまま寝てしまいます。


身体冷やすし、部屋が寒いし。


昔ながらのふとん屋さんが、最近はありませんよね。3年くらい前?に、ここを買って引っ越してきた時、今風だけど、個人商店もまあまあある、と感じた街です。


ふとん屋さんはずっとねらっていたのですが、駐車場がないので、寄れなくて。

昨年から寒波ですから、台所が寒い((+_+))のです。家内に、昔ながらの座布団を2つつけた長さの長座布団を買い、ペラペラの通販の炬燵掛けと重ねて掛けようと、昔風の炬燵掛けも買いました。


財布は家内の財布でした。

障害を持つと、出来た事が出来なくなっていきます。私も家事や、買い物や、通院で、本当に疲れます。



パートにして貰いましたが、通勤出来るだろうか?
勤務が終わって、帰宅するのに、とても疲れて、帰れないのではないか?

どっこい、それなりに地域で暮らす障害者は、障害年金だけでは、とても生活出来ないのです。


医療費が桁が違います。
支援を使うのに、多少は負担があります。
その他色々。

我が家は分譲ですから、家賃はありません。ローンもありません。それでも、3ヶ月、二人分の年金と、貯金を崩して暮らしてみて、なかなか難しいものだ、と思いました。


ふとん屋さんは、実に助かりました。掃除がしにくくなり、又、私が苛々カリカリしそうだけどね。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック