bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



元禄太平記
NHKに大河ドラマってありますね。今から多分37年くらい前の話です。

元禄太平記と言うのがありました。主演は、江守徹さんと、石坂浩二さん。話は忠臣蔵で、江守徹さんが、大石内蔵助、石坂浩二さんが、柳沢吉保(文字合ってるかな?)綱吉の側用人、えーと、現在で言うと内閣府の官房長官ですかね?


この二人が、会う事はないのですが、頭脳戦を繰り広げる、当時は画期的な演出でした。


大石内蔵助には、息子が何人かいまして、嫡男が大石主税です。

この大石主税を、丁度1年程前に他界された、中村勘三郎丈が、19歳で演じていました。

当時は勿論、勘九郎。

昭和50年代、55年くらいだった様な気がします。


既に鬼籍に入られた様な名優さんが、こぞって出演されていたのです。あんな豪華な俳優陣は、そうそう現在では、集められないでしょうね。


この時から、私の勘九郎贔屓が始まりました。


浅野内匠守が、吉良上野に、松之廊下で刃傷に及び、綱吉が短慮して、あろう事か、仮にも大名を、庭先で切腹させ、吉良上野には、何の咎めもなし、なんて、そりゃ、赤穂の家臣は怒るでしょうが。



色々と謎も多いみたいですね。1500年代の出来事ですから。


史実として見ても、平安の世に、晴天の霹靂です。


歌舞伎にすぐ出たのも判ります。歌舞伎は、史実だと言うと、幕府に咎められますから、架空の話、として作る訳で、中に、史実にはない、見せ場を作ったりしますから、架空の人物が本当に架空なのか、モデルがいたのか、等々、論議、研究は尽きないでしょう。


至極有名な、架空の人物は、お軽 勘平でしょうか?庶民が長屋や町内で、娯楽の会に芝居を出したりすると、勘平だらけになる、と言う、笑い話もあります。

笑い話が落語にもなっています。


でも、お軽 勘平、は、架空の人物みたいです。



浅野内匠守は、悲劇の人だったのでしょうか?
分かりません。
でも、吉良上野、そんなに極悪人には思えないんです。


役目の先輩に、好まれる様な付け届けって、日本人の文化でしょう?良いかどうかは、別にして。

江戸の人口は、元禄の頃には、100万人いました。世界一でした。方や赤穂は、江戸には程遠い田舎です。

幕末でも、九州の人と、東北の人とは、通訳が居なければ、話が通じなかった、とも言われています。


文化が違い過ぎたんでしょうね。吉良上野の下に、浅野をつけたのは、誰でしたっけ?


勘繰ってみると、浅野が吉良上野に切りつける様に、外堀を埋めた人物や、勘違い等があった様にも思えたり。


師走は忠臣蔵ですね。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック