bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



精神病院家族懇談会
たまたま、最近家内を送迎しているので、家族懇談会みたいなものがある事を知りました。昨日でした。


どんな人がくるのかな?


参加してみて、愕然としてしまいました。


患者さんは対象じゃなくて、その精神病院に入院、通院している患者さんの家族、が対象です。


私以外は、全員、患者さんの親ばかり。物凄く驚きました。


我が子ですから、熱心に治してやりたいのは、勿論、親の愛情です。無償の愛情かな?

何となくの共通点が幾つかある様に思いました。


患者さん中心に家庭が運営されている。

患者さん本人ではなく、親が患者さんを囲いこんでいる。治療等についても、本人さんに責任を持たせず、親が医師とやり取りしている。


社会資源の活用を知らない、しない、意味がないと考え、利用しない。


医師に対して、本人ではなく、親の希望をきちんと聞いて、それに沿う治療をして欲しい。


日本の精神医療は化石なので、インターネットの情報サイトで、一般的な精神医療をしない、舶来の画期的な病院を探して、セカンドオピニオンを取るが、ダメ病院の医師(その病院の事を含む)は、言う事を聞かない。


要するに、病院不信になっていて、あっという間に
その病院の悪口大会になりました。



患者さんには、病で幅が狭くなっていても、自己決定、自己管理、自己責任の権利と義務があります。



親等が全部把握、管理しようと囲い込む時代は終わった、と思っていたので、非常に驚きました。


親が人生を患者に掛けてしまっている、共依存の方も、かなりいましたね。


支援者に任せないと、どうにもならん事が沢山あります。


私が家内の診察の為に、送ってきても、絶対診察室には入らない、と述べたら、質問が出ました。


診察室に入らねば、患者は訳がわかっていないし、親の意向、本人を観察した具合が医師に伝わらない。

何故、入らないのですか?



子供=年少者、なら、入るかもしれませんが。仕事で通院介助の際も入るかも。


大の大人が、風邪ひいて内科に行くのに、家族が一緒に診察室に入ります?


親が囲い込みしてると、患者本人は、何も努力等をせずに、のんべんだらり、になっちゃうかもしれないし。


患者の可能性を、親が奪っているケース程、親が熱心で、人生を犠牲にして、患者に関わっていると。


親なき後、なんて事になりますよね。


成年後見人制度の話も、山程出ました。


この薬は悪い、副作用があるから、飲ませない、の類いも出てました。


医療だけでは、精神障害のある方は、実りある人生を送れません。


親が囲いこんでいては、生活能力も戻りません。生活支援者のプロを利用して欲しいです。


患者さんと医師
患者さんと支援者
患者さんと社会資源

直にやり取りする様にしないと、囲い込み=親なき後=施設に入れて、成年後見人つける、の思考回路になるんでしょうか。


いやあ〜


驚愕しました〜
もう行かないかも。
一度で充分。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック