bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



医療コーディネーターさんを頼もうか?
家内の病状、症状で、本人も私も困っています。


本日は、家内では来られない程度遠方の病院に、家内の主治医を追いかけて来ました。


婦人科の先生で、本来は、隣の県迄、半日掛けて電車に乗らないとたどり着かない病院さん、の先生です。

クチコミで、静かに評判が広まったのか、幾つかの病院さんで、各々週に一度程度、外来に出ています。


その中で、一番近いのが、奇しくも私の出身地にあるんです。


今の住まいは、出身地からは、かなり、ではないけれど、結構離れているんです。育った場所は、駅からは、バスで終点迄行かねばならぬ場所なので、育った場所は行った訳ではないです。


年齢柄、更年期障害もあるのです。精神障害、メタボリックシンドローム、心電図がやや怪しい、更年期障害、と来たら、人生イヤになりそうですよね。


メタボリックシンドロームをみて下さっている病院さんは、駅の向かいで、個人医院さんです。多少婦人科的な事もみて下さるのですが、余りにも、沢山の病を抱えている為に、厄介な患者です。

本日、追いかけて行った婦人科の先生に、何度が連れていき、薬の調整をして貰いまして、紹介状で、駅の向こうにある内科クリニックで、処方していただいています。


本人の精神状態が良くない為に、身体症状が激しく、メタボリックシンドロームも酷くなっていて、心臓の負担も増しています。


本日は、更年期障害の改善の為の薬は、現状で大丈夫なのか、聞きに来ました。

更年期障害と、精神障害が両方凄まじかった頃、この先生に廻り合い、大変に助かりました。


最初は、飲み薬でした。他の婦人科ですよ。要するに、宜しくなりませんで、デポ剤=注射薬に変えてくれたのが、追いかけた先生でした。


家内はそろそろ還暦です。

飲み薬が肝臓に負担を掛ける事は知られていますね。消化を通るので、肝臓で代謝しなくちゃなりません。

それで、数年前にデポ剤に変えました。デポ剤、結構頻繁にして頂く必要があるそうで、とても、必要なスパンで通えなくなりました。


高齢になると、デポ剤でも、肝臓に負担が出てくる、となり、今は貼付剤を使っています。これはほとんど負担がないそうですが、高い薬みたいです。


余りにメタボリックシンドロームが酷いので、現在使っている量は、まだそれほどメタボリックシンドロームが酷くなかった頃に、ご指示頂いた量なので、肝臓の負担を考えて、減らす必要があるか、ないか、相談にきたのです。


色々資料を持参してご相談したら、今の量は確保して、寧ろ、年齢柄、倍量にする事が望ましい、との事でした。



こういう事、全部、今は私がしていますが。


メタボリックシンドロームの悪化と、精神障害の症状の悪化とは、ぐるぐる回っています。


ストレスから、過食になる。肥る、データが悪化する。

後悔する。自己嫌悪になる。ストレスは他にも山ほどある。

又、過食になり、食べてしまう。


繰り返しているのです。


私は介護屋ですが、医療取りまとめは出来ません。


ストレス過多の結果、過食になり、メタボリックシンドロームがどんどん悪化していくのを、止める事は出来ないし。


物理的に、食べさせない様には出来ますよ。


それでは、脳の中の伝達が著しく間違っている状態は、解決しないんです。

家内には、ある程度連携して下さる、支援者の方々の輪があります。有難い事です。

それらの方々は、介護屋系統の支援者の方々です。どなたも家内の過食を止める事は出来ません。


年内は私が療養中ですから、少しはなんとか、病院さん巡りが出来ます。

仕事に復帰して、自分もあちこち病院に行かねばならぬし、家事全般、介護を1人でしながら、仕事もする、には、私の心臓はボロですし。


困りましたね。


医療コーディネーターさんの団体さんの1つに、相談メールフォームがあったので、教えて下さい、と、メールしてみましたが。


かなり高額なんです。コーディネートの仕方も、良く判らない。


お返事を頂いたら、考えてみます。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック